Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2014.6.17号(6/10発売)

特集:インドは大国になれるか

2014年6月17日号(6/10発売)

Cover Story

不振のインド経済を立て直し、アジアで存在感を高める──
世界が注目する異色の新首相モディの手腕と力量

インド 異色の新首相はインドを救えるか

経済政策 モディノミクスを阻む政治の壁

外交 モディが日本と手を結ぶべき理由

印パ関係 雪解けの好機を見逃すな

犯罪 「レイプ超大国」の汚名を払拭せよ

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

ブラジルの希望なき若者たち

W杯 実現されない「ワールドカップの経済的恩恵」という約束
PERISCOPE
InternationaList
UKRAINE ウクライナをめぐる「米ロ同舟」
THE UNITED STATES 
    「英雄」の解放で米政界が紛糾
SYRIA 恐怖と茶番が生んだ「アサド圧勝」
EUROPE イギリスはEU離脱も辞さず
SPAIN スキャンダルの嵐でスペイン国王が退位へ
Asia
SOUTH KOREA タカ派起用は秘策か愚策か
THAILAND タイ軍政に3本指で反逆のサイン
CHINA 平地造成のため山を切り崩しまくる中国
U.S. Affairs
前駐シリア大使がオバマの政策を痛烈批判
シアトル、最低時給15ドルの「英断」
Business
ソフトバンク米進出への壁
流し台の横にベッド! ロンドン劣悪住宅事情
People
キャサリン妃のお尻を守れ!、ほか
FEATURES
検証 米兵解放騒ぎは誤解だらけ
アジア 日中ロ・三角関係の行方
サッカー カタールW杯はもっと危ない
カンボジア EUが目をつむる農民搾取
脳科学 キレるあなたを治療できるか
自動車 手軽な改造でハイブリッド車を
テクノロジー 省エネで働き者な「新植物」
CULTURE
Art ウクライナ暴動が生んだアート
Food 一流シェフは「物語る料理」に夢中
Sports 「次のW杯」ロシア代表の厳しい現実
Movies 五感が喜ぶアンダーソンの世界
Movies 映画版ノアの箱舟の「独自解釈」
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中