Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2013.11.12号(11/ 6発売)

特集:汚染水の真実

2013年11月12日号(11/ 6発売)

Cover Story

世界が注目する福島原発の汚染水問題にどう対処すべきか?
原発事故対策に関わった米専門家2人が語る現状と課題

福島第一原発 汚染水の語られざる現実

視点 放射線を塩素に例えてみたら

報道 恐怖を煽った有力メディアの罪

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

天安門テロの意外な深刻度

中国 ウイグル族の自爆攻撃は共産党にとってどれほど脅威なのか
中国外交 「孫子の兵法」の落とし穴

国連が苦しむ「コレラゲート」

国際社会 PKOが持ち込んだとされるコレラ菌でハイチに大量の死者が
PERISCOPE
InternationaList
THE UNITED STATES 
   サイト不調でオバマケア論争再燃
THE UNITED STATES 
   NSAのアジアの標的が明るみに
TURKEY 原発を急ぐトルコのエネルギー事情
ZIMBABWE ジンバブエ不正選挙に中国が関与?
BRITAIN キャメロンだけがNSA批判をしない訳
SCOTLAND スコットランド独立は砂上の楼閣
IRAQ テロが再び激化する忘れられたイラク
Asia
SOUTH KOREA 
   「足元」を見られた朴大統領
JAPAN 誰も信じない東電の事故処理能力
SINGAPORE シンガポールに貧困層はいない?
MYANMAR 改革派大統領に退任観測
U.S. Affairs
NFLレッドスキンズのチーム名に大逆風
Business
ブラックベリー買収は愚かな選択
ついに表舞台に出た仮想通貨ビットコイン
People
ロック史を変えた異端児逝く、ほか
FEATURES
盗聴疑惑 スパイの暴走は繰り返される
軍事 専守防衛を捨てたドイツ軍の行く先
東南アジア インドネシアでバブルが弾ける?
メディア 内部告発記者が変える報道
トレンド 食品に増殖するマッチョ志向
健康 結婚がもたらすのは長寿と脂肪?
科学 脳の「ゴミ出し」は夜のうちに
研究 「試験管脳」が医療にもたらすもの
中国 汚職役人が怯える愛人の逆襲
社会 NY市長の国境なきソーダ戦争
フード 次世代バリスタはロボット?
CULTURE
Movies 『恋するリベラーチェ』の圧巻演技
Movies 『キャリー』と血のりとその進化と
Sports NBAが巻き起こすビッグデータ革命
Television 小さな天才シェフの料理バトル
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 10

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中