Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2009.4.29号(4/22発売)

ソマリア海賊

2009年4月29日号(4/22発売)

Cover Story

海賊射殺という強硬策でオバマ政権は海の安全を取り戻す1歩を踏み出したのか、それとも「泥沼」への扉を開いたのか

東アフリカ 米船長救出作戦「勝利」の代償

対策 フランス国旗を海賊が嫌う理由

提言 「たかが海賊で騒ぎ過ぎ」

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

次期大統領は悪漢か王様か

南アフリカ有力候補のジェイコブ・ズマANC議長がもたらす希望と波乱
視点 それでも南アフリカは暴走しない

「毛虫責め」は違法な拷問?

米政権 司法省の極秘覚書が示す「法的に問題ない尋問」の問題

原油がもっと安くなり続ける理由

資源 技術の進歩で原油などの商品価格は一貫して下落している
反論 「原油価格はまだまだ上がる」

超大国の座を狙う南米の元劣等生

ブラジル アメリカの言いなりにならないルラ大統領の「スマート外交」が導く大国への道

犬ビジネスの怪しい方程式

ペット ファーストドッグ騒動の陰で悪質な「子犬製造工場」が問題に
World Affairs
過激派 攻撃目標はホワイトハウス?
トルコ トルコ首相の勝負の行方
中南米 麻薬震源地はメキシコだ
Society & The Arts
メディア シアトル地方紙廃刊の鎮魂歌
スポーツ 復活タイガー・ウッズへの重圧
歴史 甦ったマリー・アントワネットの時計
トレンド セクシー過ぎる子供たち
音楽 殿堂入りメタリカが語るヘビメタ愛
テレビ ヒラリー芸人のコメディエンヌ魂
映画 『ミルク』が描く等身大ヒーロー
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中