ニュース速報

ワールド

台湾有事なら武力で防衛とバイデン大統領、日本は防衛費増額へ

2022年05月23日(月)16時56分

 日米首脳会談が23日午前11時過ぎに東京・迎賓館で始まり、岸田文雄首相はロシアによるウクライナ侵攻のような力による現状変更は世界のどこでも認められないと強調、覇権主義的行動を強める中国をけん制した。写真は会談で握手を交わす同首相とバイデン米大統領。東京・迎賓館で撮影(2022年 ロイター/Jonathan Ernst)

[東京 23日 ロイター] - 訪日中のバイデン米大統領は23日、日米首脳会談後の会見で、台湾有事が発生した場合は武力で防衛する姿勢を明確にした。これまでも台湾防衛に言及したことはあったが、武力行使に触れたのは初めて。ホワイトハウス関係者は会見後、米国の方針に変更はないと釈明した。そろって会見した岸田文雄首相は日本の防衛力を強化し、防衛費を大きく増額する方針をバイデン氏に伝えたことを明らかにした。

バイデン大統領は記者から台湾有事が起きた場合に武力で防衛するかと問われ、「そうだ」と回答。「それが我々がしている約束だ」とした上で、「1つの中国政策に同意はしているが、力によって奪うことができるというのは適切ではない」と語った。そういう事態が起きることは想定していないとも付け加えた。

バイデン氏は昨年10月、米CNNが主催したイベントでも台湾防衛に言及。その際は武力を使うかどうかは明言せず、従来のあいまい戦略を維持した。

ホワイトハウス関係者はこの日の会見後、米国の台湾政策に変更はないとコメントした。

海上自衛隊で自衛艦隊司令官を務めた香田洋二・元海将はバイデン氏の発言について「様々な解釈ができると思うが、ゼロから百まで幅広い政策の可能性を残しておいたほうがいい」と話す。

<「強い日本、強い日米同盟」>

昨年1月の大統領就任後、バイデン氏の訪日は今回が初めて。岸田首相との会談ではロシアによるウクライナ侵攻のほか、中国を中心に地域情勢を議論し、日米同盟の抑止力と対処力を強化することを確認した。

岸田首相は共同会見で、「(日本の)防衛力を抜本的に強化し、防衛費の相当な増額を確保することを(バイデン氏に)伝えた」ことを明らかにした。敵の策源地を叩く「反撃能力」の保有を含め、あらゆる選択肢を排除しないことも伝えた。岸田氏は「ロシアによるウクライナ侵略のような力による一方的なこの現状変更の試みを、インド太平洋とりわけアジア、東アジアで許さぬよう日米同盟のさらなる強化が不可欠だ」と語った。中国が国際的なルールに従って責任を果たすよう、米国と働きかけていく考えも示した。

バイデン大統領は「強い日本、強い日米同盟は地域にとって良い力だ」と応じた。両首脳は「拡大抑止」が揺るぎないものとするため、閣僚レベルを含めて日米間で一層緊密な意思疎通を行っていくことで一致した。

両首脳は、7月に「経済版2プラス2」を開催することでも一致。最先端半導体の開発を含む経済安全保障分野の協力や、宇宙などに関して具体的に協力することも申し合わせた。このほか、日本が議長国を務める来年のG7首脳会談を広島市で開催することを岸田首相が表明し、バイデン大統領が賛同した。バイデン大統領は、国連の安全保障理事会の常任理事国に日本が入ることも支持した。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

リシチャンスク住民に即時避難呼びかけ、ロシア砲撃で

ビジネス

中国が検討、オンショア人民元取引時間を深夜まで延長

ビジネス

伊インテーザ・サンパオロ株が上昇、ECBが自社株買

ビジネス

ルーブル、2%下落後持ち直す ロシア国債デフォルト

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR会社」と「情報戦」の深層

  • 4

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    カムバック期待のBLACKPINKが築き上げた「帝国」の富…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中