ニュース速報

ワールド

東京のコロナ新規感染224人、過去最多も政府は緊急事態否定

2020年07月09日(木)19時37分

 7月9日、東京都は9日、都内で新たに224人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。4月17日の206人を超え、1日の感染者としては過去最多。写真は都内で6月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 9日 ロイター] - 東京都は9日、都内で新たに224人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。4月17日の206人を超え、1日の感染者としては過去最多。大阪府も30人の感染が確認された。菅義偉官房長官は医療提供体制の状況が以前とは違うとして、緊急事態宣言を発出する状況にはないとの見方を改めて示した。

<さらなる警戒必要>

都内の感染者は累計7272人となった。小池百合子都知事は9日午後、新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、「感染者の動向については、さらなる警戒が必要だ」と語った。

小池知事はPCR検査が3400件に上ったなかでの数字だとしたうえで、夜の街関連が一定数あるなか、若年層の友人とのパーティーや会食で感染がみられると指摘した。30代以下の感染は82%に上るという。小池知事によると、これまで感染者が最大となった4月17日のPCR検査は919件だった。

菅義偉官房長官は同日午後の定例会見で、病床数、入院患者数、重症者数が4月下旬とは違うと強調。都内での感染者数増加で「直ちに緊急事態宣言を再び発出する状況に該当すると考えていない」との認識を示した。

安倍晋三首相は「高い緊張感をもって感染状況を注視している」とし、西村康稔経済再生相と小池都知事に「具体的対応について検討していただきたい」と述べた。

<大阪でも30人、緊急事態解除後で最多>

緊急事態宣言が解除された5月25日以降、感染が確認される人の数は増加傾向を示し、7月2日には1日の感染確認数が100人を超えた。小池都知事はその際、東京都は「感染拡大要警戒」の段階にあるとして、都民には夜の街への外出を控えるよう要請していた。

しかしその後も100人以上の感染確認が続き、8日に75人と7日ぶりに100人以下となったものの、9日には200人を超える状況となった。9日には大阪府でも新たに30人の感染が確認された。緊急事態宣言が解除されてから最多だった。

<明日からのイベント観戦の制限緩和、予定通り>

菅官房長官はまた、明日10日からのイベント観戦制限の緩和も、予定通り行う考え方に変わりないとした。

政府は6日、新型コロナウイルス感染症対策分科会の初会合を実施、イベント参加人数の上限について1段階緩和する方針が了承されたとして、コンサートやスポーツイベントへの入場を10日から5000人(屋内では5000人と収容率50%以内のどちらか小さい方)まで認めることとしていた。

また、その後の状況を確認した上で、8月1日からは収容人員の50%までの入場を認める方針を示していた。

<気が抜けない>

就職活動で東京を訪れていた22歳の男性は9日、ロイターに対し、「20代30代が多いということで、状況が変わってきている。前までは人ごとのような感じがあったけど、同世代が多いとなると気が抜けなくなってきたなあ、という印象」と述べた。

*内容を追加して再送します。

(青山敦子 編集:石田仁志)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

「信頼できない」中国アプリ、アプリストアから削除を

ワールド

ブラジル中銀、政策金利を2.25%から2.00%に

ワールド

コロナワクチン、来年初めまでに数千万回分用意も=フ

ビジネス

米株上昇続く、ダウ373ドル高 ディズニー決算が支

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 6

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 7

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 10

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!