ニュース速報

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な市場に資金シフト

2021年05月08日(土)08時15分

 5月6日、債券市場では、米国債など主要国債で先月起きた幅広い売りにいったん歯止めが掛かった。2020年2月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京/上海 6日 ロイター] - 債券市場では、米国債など主要国債で先月起きた幅広い売りにいったん歯止めが掛かった。外国人投資家はアジア諸国の国債保有状況を見直すための時間を手に入れたことになり、インドネシアやインドなど高リスクの国から、中国などより安全な国へと資金を移す動きが広がっている。

昨年は中国、インド、インドネシアなどの国に、高い利回りを求める外国人投資家の資金が大量に流れ込んだ。

しかし新型コロナウイルスのパンデミックから経済が立ち直るペースは各国でばらつきが出ている上に、ドル高、米連邦準備理事会(FRB)の低金利政策の持続性を疑問視する見方などが重なり、資産運用会社は市場の安全性に差が出ていると見なさざるを得なくなっている。

しかも、米国債利回りが第1・四半期に2016年末以来の急上昇を示し、相対的に利回りが低いアジアの一部債券市場は投資妙味が薄れてしまった。

T・ロウ・プライス(香港)の新興市場債券ポートフォリオマネジャー、レオナード・クワン氏は「アジア域内にはタイ、シンガポール、マレーシアのように、米国との比較で今では魅力が低下した国がある。こうした市場からは(資金が)流出し、米国債に向かう公算が大きいだろう」と述べた。

中国の公式統計によると、外国人投資家の中国のソブリン債保有高は3月に89億5000万元(13億8000万ドル)減少し、2年余りで初めて売り越しに転じた。ただ、中国は実質利回りの水準が高く、世界貿易の回復と密接につながっているため、資産運用会社は中国に対して強気な姿勢を維持している。

クワン氏は、中国市場が国内要因で動き、海外の投資や金利サイクルとの相関度が低いとの理由から、中国債への投資を続けている。

インドスエズ・ウェルス・マネジメント(香港)のアジア資本市場ヘッド、デービス・ホール氏は、日本やスイス、欧州の投資家にとって、中国国債は為替リスクを埋めるだけの魅力的な利回りを備えており、買いを入れるのに「まったく悩む必要はない」と話した。

人民元は物価調整後の実質利回りが3%余り。一方、日本とスイスの実質利回りは1%を切り、ドイツと米国の国債は実質利回りがマイナス化している。

信用の伸びを抑える中国の取り組みは懸念材料だが、資産運用会社は中国人民銀行(中央銀行)が利上げを避け、債券価格に与えるリスクがより小さい、他の手段を使って信用膨張を食い止めようとすると予想している。

インドネシアとインドは昨年、投資家からの人気が高かったが、状況は様変わりした。資産運用会社の間では量的金融緩和(QE)や通貨安への懸念が広がっており、両国について資金配分の大規模な見直しが起きそうだ。

インドネシアの外国人投資家の売買動向は2月が11億ドル、3月が14億ドルのいずれも売り越しとなり、過去1年間で最大の資金流出となった。インド国債は2月と3月が18億ドルの売り越しで、こちらもほぼ1年ぶりの大規模な流出を記録した。

インドネシアは10年物国債の利回りが6.5%と妙味がある投資先だが、経済回復は不均一で、ペースも遅いと見込まれるほか、財政赤字が高水準で通貨安が進んでいることから、投資家は懸念を強めている。インドネシアルピアは今年に入ってから対ドルで2.8%下げた。

インドは中国、インドネシアほど債券投資家の人気はない。コロナ感染が急拡大し、経済見通しのリスクもさらに大きくなっている。

UBSアセット・マネジメント(香港)のヘイデン・ブリスコ氏によると、新興国の中央銀行はパンデミック時に低く設定した金利の引き上げを検討しており、投資家は敬遠しそうだという。

ブリスコ氏は「足元では幾つかまずいことが起きている。米国の金利ボラティリティーやドル高の動きなどがそれで、新興国への資金配分に関してそれなりの慎重さが必要な時期にきている」と述べた。

米国の金利ボラティリティーは4月末に落ち着き始めたとはいえ、まだ高止まりしており、投資家は資金配分や、国債からリスクを埋めるだけの利益が得られるかどうかを見極める際に各市場の「固有性」をより重視するようになる可能性がある。

ブリスコ氏は「こうしたボラティリティーを埋めるのに充分なキャリーがあるのかという緊張感は常にある」と話した。

(Stanley White記者、Andrew Galbraith記者)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

流動性引き締めの「憶測」に警告、中国人民銀行系の金

ワールド

ブラジルのコロナ死者が50万人突破、さらなる悪化も

ワールド

オーストラリア、中国をWTOに提訴へ ワイン制裁関

ワールド

台湾代表部の職員7人が香港離れる、「1つの中国」に

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 9

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中