ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは103円後半、4営業日ぶりに104円割り込む

2020年11月27日(金)15時29分

午後3時のドル/円は、前日東京市場午後5時時点(日銀集計値)に比べ、ドル安/円高の103円後半。写真は米ドル紙幣、5月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 27日 ロイター] -

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 103.93/95 1.1925/29 123.95/99

午前9時現在 104.25/27 1.1908/12 124.16/20

前日午後5時 104.32/33 1.1926/27 124.41/45  

午後3時のドル/円は、前日東京市場午後5時時点(日銀集計値)に比べ、ドル安/円高の103円後半。国内勢によるドル売りや米長期金利の低下、クロス円の下落等を受けて、ドルは4営業日ぶりに104円を割り込んだ。

ドルは朝方の取引で高値104.27円を付けた後、じわじわと売られた。月末を控えた輸出企業によるドル売りが目立ったほか、米連邦準備理事会(FRB)の超低金利政策が長引くとの見通しを背景に米長期金利が低下し、ドル/円の上値を抑えた。

市場では、過去10年の実績で感謝祭の週にドル/円が上昇する傾向があるとの認識が広がり、感謝祭週の「ドル高アノマリー」として意識されていた。

しかし、ドルは24日に高値104.76円を付けた後は弱含みとなり、今年はアノマリーが不発となった。「短期筋のショートカバーを原動力にドルは週前半に104円台後半まで上昇したが、上昇はだましだった可能性がある。ショートカバーが一巡すると103円台後半と元の姿に戻った」(外為アナリスト)との意見が聞かれた。

クロス円が軟調だったことも、ドル/円の足をひっぱった。

豪ドルは、中国がオーストラリア産ワインに暫定的な反ダンピング措置を発動すると発表したことを受け小幅に下落したが、その後はやや持ち直している。

豪ドル/円は現在76.65円付近。午前11時過ぎに一時76.51円付近まで下落した。早朝の高値は76.72円だった。

英ポンド/円は138円後半と、昨日から約1円安の水準での取引となった。

英国と欧州連合(EU)の貿易交渉を巡り、EUのバルニエ首席交渉官は27日に一部加盟国の漁業担当相と協議することが、EU当局者の話で分かった。

市場参加者によると、バルニエ氏は、ほとんど進展が見られないと警告する公算が大きいとされ、警戒感が広がっている。

26日に急落したビットコインは、午後3時の取引で1万7250ドル付近と、昨日終値からは約100ドル高になっている。ビットコインは25日に1万9490ドルと2017年12月に付けた最高値(1万9666ドル)に迫っていた。

市場では「史上最高値の更新が目前に迫り利益確定売りが一気に強まったようだが、株も含めて他のリスク資産に売りが波及する可能性には注意が必要だ」(トレーダー)という。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、利益確定売りが優勢 資生

ビジネス

MSCI、中国海洋石油を一部の指数から除外

ワールド

米上院共和党トップ、弾劾裁判の準備にトランプ氏に2

ワールド

日本政府、コロナのため五輪中止の必要と非公式に結論

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 2

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 3

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 4

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 5

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 8

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 9

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 10

    韓国・株投資熱狂 投資を目的とする借入金も増え、…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!