ニュース速報

ビジネス

米景気回復、来年末までかかる可能性─FRB議長=CBS

2020年05月18日(月)10時38分

 5月17日、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、米経済の回復プロセスは来年の終わりまで長引く可能性があるとし、完全な景気回復は新型コロナウイルスのワクチンが開発されるかどうかに左右されるとの認識を示した。2月撮影(2020年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 17日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は、米経済の回復プロセスは来年の終わりまで長引く可能性があるとし、完全な景気回復は新型コロナウイルスのワクチンが開発されるかどうかに左右されるとの認識を示した。

米経済にとって現在最も重要なデータは、感染状況を巡る「医学的な指標」だとしたほか、企業や家計に対してさらに3─6カ月間の政府支援が必要になる可能性があるとの見方を示した。

パウエル議長は17日夜に放送されたCBSの番組「60ミニッツ」のインタビューで、米経済再開の成功を左右する重要な要素として医療面の問題に繰り返し言及した。州・地方政府が社会・経済活動の制限緩和に乗り出す中、国民は対人距離を確保する「ソーシャル・ディスタンシング」のルールを守ることで、この局面を「助け合いで乗り越える」必要があると訴えた。

その上で「思慮深く慎重に経済活動を再開し、ソーシャル・ディスタンシングの措置を継続するとともに、感染の再拡大回避のためにできる努力をすれば、回復はかなり早期に始まる可能性がある」と述べた。

ただ、最善の状況でも長い道のりになるとし、一段の雇用減少が6月まで続く可能性が高いと指摘。回復の「加速」には時間がかかるとし、旅行や娯楽など経済の一部セクターはワクチンが開発されるまで圧迫が続く可能性もあるとの見方を示した。

失業率は25%まで上昇する可能性があるとし、第2・四半期の国内総生産(GDP)は年率で20%減少する可能性があるとの見通しを示した。ただ、長期的な恐慌のような状態になるとは見込んでいないと述べた。

パウエル議長は「経済は回復する」とした上で、「時間がかかるかもしれない。来年の終わりまで長引く可能性がある。本当に分からない」と語った。

また「新型コロナウイルス(感染)の第2波が起きないと想定した場合、経済は今年下期を通じて着実に回復するだろう。経済の完全な回復には国民の十分な信頼感が必要で、それにはワクチンの開発を待たなければならないかもしれない」と述べた。

パウエル議長は、FRBと米議会は経済への追加支援が必要になる可能性があるとの見方も示した。

米議会は3月以降、新型コロナによる経済への打撃に対応するため約3兆ドル規模の支援を決定し、追加対策の必要性について現在検討している。FRBも企業や金融市場の機能維持を支援するとともに、個人や企業の破産を防ぐため一連の措置を実施している。

パウエル議長は、保健当局が感染抑制に取り組む間、「個人や企業の破産をさらに3─6カ月間回避することで、時間を稼ぐことができる。そうした支援が適切かもしれない」と述べ、より長期にわたる支援が必要になる可能性に言及した。

FRBについては「政策手段は尽きていない」とし、既存プログラムの拡大や新たな措置の追加が可能だと指摘。「(手段は)決して尽きていない」と語った。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アングル:持続化給付金、委託費巡り野党追及 2次補

ワールド

BA親会社、英の新検疫ルールに法的措置検討

ワールド

インド、来週コロナ封鎖を一部解除へ 宗教施設など再

ワールド

一部諸国、ロックダウン緩和で感染増加の傾向=WHO

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェット振袖か

  • 4

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 5

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 6

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 7

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 8

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざ…

  • 9

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!