ニュース速報

ビジネス

東京地検、リニア談合で大成建設の元常務ら2人を逮捕

2018年03月02日(金)16時40分

 3月2日、共同通信など国内メディアによると、東京地検特捜部は、リニア中央新幹線工事を巡る談合事件で、大成建設元常務の大川孝容疑者(67)と鹿島部長の大沢一郎容疑者(60)を独占禁止法違反(不当な取引制限)の容疑で逮捕した。写真は都内で昨年12月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] - 共同通信など国内メディアによると、東京地検特捜部は2日、リニア中央新幹線工事を巡る談合事件で、大成建設<1801.T>元常務の大川孝容疑者(67)と鹿島<1812.T>部長の大沢一郎容疑者(60)を独占禁止法違反(不当な取引制限)の容疑で逮捕した。

共同などによると、逮捕容疑は、大林組<1802.T>と清水建設<1803.T>の担当者と共謀し、2014年─15年にJR東海<9022.T>が発注した駅新設工事に関し、見積り価格などで情報を交換し、受注業者を事実上決めた疑い。

国がリニア新幹線の着工を認可した14年から15年にかけて、大手4社の担当者は都内の飲食店などで会合を開き、情報を交換していたという。

リニア新幹線の工事では、品川駅の北工区と南工区は15年、清水建設が代表の共同企業体(JV)と大林組のJVがそれぞれ受注。名古屋駅の中央西工区は16年、大林組のJVが請け負った。

特捜部は17年12月8─9日、名古屋市の非常口新設工事を巡る偽計業務妨害容疑で大林組を家宅捜索。同18─19日には公正取引委員会とともに独禁法違反容疑で4社を捜索し、幹部らの事情聴取を進めてきた。

今回の逮捕について、大成建設広報室は「厳粛に受け止めているが、約3カ月にわたり任意で(捜査に)応じているにもかかわらず逮捕され、到底承服いたしかねる」とコメント。そのうえで「嫌疑を受けている内容は、独禁法違反に該当しないと考えており、捜査の過程で当社の主張を行っていく」としている。

鹿島広報室は「誠に遺憾であり、深くお詫びする。引き続き、当局の捜査に全面的に協力していく」とのコメントを発表した。

(田巻一彦)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと―…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!