ニュース速報

米国株式市場は反発、米中協議への期待で

2019年10月10日(木)07時49分

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米国株式市場は上昇して終了した。米中通商協議が進展するとの期待が株価の押し上げ要因となった。ただ、取引終盤に中国政府が今週の対米交渉での大きな進展に対する期待値を下げていると伝わったことで、株価は上げ幅を縮小した。

中国政府高官らは、米政府が今週、中国の28団体・企業を事実上の禁輸リストに追加したことで信頼感が損なわれたとし、今週の協議での大きな進展に対する期待値を下げていることを明らかにした。

序盤には、中国が部分的な合意を依然として受け入れる用意があるとのブルームバーグの報道が相場を押し上げた。フィナンシャル・タイムズも、中国が米農産物の年間購入拡大を提案すると報じた。

インバーネス・カウンセルの首席投資ストラテジスト、ティム・グリスキー氏は「部分合意は少なくとも将来のより大幅な合意に道を開く」とした上で、「毎日異なるツイートが出てきて、市場の方向が変わる。きょうは好ましい内容で上昇する日だった」と語った。

米連邦準備理事会(FRB)が公表した9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨では、大半のメンバーが9月利下げの必要性を支持したことが示された。一方、メンバーは貿易摩擦や世界経済の減速などが及ぼすリスクへの不安が高まったとしたが、米経済への影響に関しては異なる見解を示した。

ノバポイントの最高投資責任者ジョセフ・スロカ氏は「(FOMCでの)投票では反対もあったが、金融政策決定が経済指標次第という考えでは全員が一致している」とし、「製造業をはじめ最近のデータは、10月のFOMCで利下げが行われる可能性が十分あることを引き続き示唆するだろう」と述べた。

9日の取引ではS&P500の主要11セクターすべてがプラス圏で引け、情報技術<.SPLRCT>やエネルギー<.SPNY>が特に好調だった。

通商問題に敏感な半導体が買われ、フィラデルフィア半導体指数<.SOX>は1.7%高となった。

個別銘柄ではマイクロソフトが1.9%高でダウを主導した。

一方、ジョンソン・エンド・ジョンソンは2%安。抗精神病薬を巡る訴訟で、陪審が80億ドルの賠償支払いを命じる評決を下したことが重しとなった。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.95対1の比率で上回った。ナスダックでも1.60対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は53億3000万株。直近20営業日の平均は70億5000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26346.01 +181.97 +0.70 26308.23 26424.31 26249.75 <.DJI>

前営業日終値 26164.04

ナスダック総合 7903.74 +79.96 +1.02 7895.96 7930.92 7873.52 <.IXIC>

前営業日終値 7823.78

S&P総合500種 2919.40 +26.34 +0.91 2911.10 2929.32 2907.41 <.SPX>

前営業日終値 2893.06

ダウ輸送株20種 9943.33 +114.13 +1.16 <.DJT>

ダウ公共株15種 873.47 +5.30 +0.61 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1540.85 +26.40 +1.74 <.SOX>

VIX指数 18.68 -1.60 -7.89 <.VIX>

S&P一般消費財 930.77 +8.25 +0.89 <.SPLRCD>

S&P素材 349.29 +3.54 +1.02 <.SPLRCM>

S&P工業 629.83 +5.32 +0.85 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 623.81 +4.69 +0.76 <.SPLRCS>

S&P金融 448.90 +4.43 +1.00 <.SPSY>

S&P不動産 242.91 +0.75 +0.31 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 416.77 +4.40 +1.07 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1026.94 +6.99 +0.69 <.SPXHC>

S&P通信サービス 165.47 +0.62 +0.37 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1402.13 +20.06 +1.45 <.SPLRCT>

S&P公益事業 325.92 +1.65 +0.51 <.SPLRCU>

NYSE出来高 6.94億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 21595 + 155 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 21570 + 130 大阪比 <0#NIY:>

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

独取引所、DAX銘柄からワイヤーカード除外へ 新ル

ビジネス

S&P終値ベースで過去最高値に迫る、ハイテク株に買

ビジネス

ドル下落、コロナ追加対策協議の停滞で 対円では上昇

ビジネス

失業給付増額、職探し抑止の痕跡なし=サンフランシス

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 9

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 10

    アメリカは長崎に2つ目の原爆を落とす必要があったの…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!