ニュース速報

ファーウェイ規制、米中通商協議やハイテク部門に暗雲 中国反発

2019年05月17日(金)08時29分

[ワシントン/北京 16日 ロイター] - 米政府が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]への事実上の輸出規制を決定したことについて、中国側は両国の通商協議に影を落としかねないとして米国の対応を批判した。大手ハイテク企業への影響を巡っても懸念が高まり、米国市場ではファーウェイと取引する企業の株価が値下がりした。

ファーウェイは声明で、同社と米国の供給元との関係が絶たれれば「米国企業に重大な経済的被害をもたらし、全米で数万人規模の雇用に悪影響を及ぼす」と警告。さらに「当社として即刻改善措置を検討するとともに、当問題への解決策を模索する」とした。

中国商務省の高峰報道官は定例会見で、他国が中国企業に一方的に制裁を科すことに強く反対すると表明。米国は中国との通商関係をさらに悪化させるような行動を避けるべきと指摘した。その上で「中国はこれまで、国家の安全保障を悪用すべきでなく、貿易保護主義の手段に利用すべきでない、と繰り返し強調してきた」とし、「中国企業の正当な権利を断固守るためにあらゆる必要な措置を講じていく」と述べた。

また中国外務省は、拘束していたカナダの元外交官マイケル・コブリグ氏と企業家のマイケル・スパバ氏を正式に逮捕したと発表した。

両氏はファーウェイの孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)が米国の要請を受けてカナダで逮捕された後間もなく拘束された経緯がある。

米商務省は15日、ファーウェイと関連70社について、米政府の許可なく米企業から部品などを購入することを禁止する「エンティティーリスト」に追加すると発表した。

商務省は16日、規制対象となるファーウェイ関連企業を68社に修正した。

商務省報道官は、措置は直ちに発効するとし、日本やカナダ、ブラジル、英国、シンガポールなど20カ国以上にあるファーウェイ関連企業が含まれると述べた。

商務省は、取引許可を求める申請は「推定却下」の方針に基づいて審査されるとした。これは許可の取得が極めて難しいことを示唆している。

調査会社ガートナーによると、ファーウェイは昨年の半導体購入が世界全体の4.4%を占め、サムスン電子<005930.KS>とアップルに次いで3位だった。

米国の議員らは党派を超えて今回の決定への支持を表明。マルコ・ルビオ上院議員(共和)はツイッターで、各企業ともファーウェイと長期契約を結ぶことを考え直した方がいいとした上で「ファーウェイはまもなく半導体やアンテナ、電話操作系統など重要部品へのアクセスを失うだろう」と指摘した。ファーウェイは今やいかに存続して行くかが重大な問題になっているとも述べた。

だが、主要アナリストは16日、複数の米半導体企業の投資判断を引き下げた。

サスケハナのアナリストは、ファーウェイがこれまでに米国の部品に関し1―2年分の在庫を積み上げてきたと指摘。その上で、ザイリンクスなど複数の半導体銘柄の目標株価を引き下げた。

ザイリンクスは7.3%安、クアルコムは4%安で取引を終えた。

米中の通商協議は前週、こう着状態に陥り、米国は2000億ドル相当の中国製品に対する関税を引き上げることで中国への圧力を強めた。これに対し中国側も、米国からの600億ドル相当の輸入品に対する関税を引き上げる報復措置を発表した。

中国は関税で対抗する余地が限られつつあり、アナリストは中国が企業の合併・買収(M&A)案件の阻止など他の手段で米国に圧力をかける可能性があるとみている。

また、外交問題評議会のエドワード・アレン上級研究員はファーウェイを巡る問題について、貿易摩擦の解決を著しく複雑にすると指摘。「米国が措置を講じるたびに中国側は抵抗を控えることが難しくなっている」と話した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!