ニュース速報

メキシコ高官、米鉄鋼アルミ関税問題「解決近い」 カナダの対応注視

2019年05月16日(木)10時53分

[ワシントン 15日 ロイター] - メキシコのセアデ外務次官(北米担当)は15日、米国の鉄鋼・アルミ輸入関税を巡る対立は解決に近づいているとの認識を示した上で、この問題でカナダが米国と合意に至ることにも期待を示した。

セアデ氏はロイターの電話取材に応じ、関税撤廃での合意は「非常に近い」とし、カナダが米国との交渉で同じスタンスを取ることを望むと述べた。

同次官は「数量制限なし」での関税撤廃をここ1週間協議してきたと述べた上で、カナダが「同様の」合意をまとめる可能性は十分にあると続けた。

将来的に貿易で急激な動きが生じた場合、「対話や監視制度」を通じて対処することが可能とした。また、カナダなしで合意を結ぶことが選択肢として残っていると語った。

ムニューシン米財務長官も15日、カナダやメキシコとの鉄鋼・アルミ輸入関税問題で解決が近づいているとの認識を示したが、カナダのフリーランド外相は合意の見通しに関する直接的なコメントを避けた。

ムニューシン長官は上院の小委員会で、関税問題の解決を巡り「合意が近づいていると思う」と語った。ただ、詳細は明らかにしなかった。

カナダのフリーランド外相は、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とこの日、カナダ産鉄鋼に対する米通商拡大法232条について協議したことを明らかにした。

同外相はワシントンでの会談後、記者団に対し「米加がこうした関税を撤廃し、自由貿易を展開することが両国に最良の結果をもたらすことは明白」としつつも、両国が合意に近付いているかどうかについてはコメントを控えた。

USTRの報道官も会談に関するコメントを控えた。

CNBCが高官筋の情報として報じたところによると、ライトハイザー代表は、鉄鋼・アルミに対する関税撤廃に向けた手続きを提案する見通し。

フリーランド外相はその後、合意の見通しについて聞かれ、カナダの交渉戦略についてはコメントしないと語った。米国が関税を維持すれば、米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の批准に「大きな問題」となるとの認識も示した。

米、カナダ、メキシコの3カ国は昨年、USMCAに署名。しかし、米国はその後もカナダやメキシコに対する鉄鋼・アルミの輸入制限措置を継続している。

カナダとメキシコや一部の米議員は関税の撤廃がUSMCA批准の条件との認識を示している。

カナダとメキシコは、鉄鋼・アルミ関税に対する報復措置として米国からの一部輸入品に関税を発動。

メキシコのセアデ外務次官は、現時点で新たに米製品を報復関税の標的にするのは適切でないと指摘。「それは必要な措置ではないと思う。現在は交渉をまとめることに集中すべきだ」と語った。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    英国民はそろそろEU離脱が「糞を磨く」のと同じことに気づくべきだ 強硬離脱派の大物閣僚2人辞任

  • 2

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 3

    ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

  • 4

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 5

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 6

    メイの有力後継候補ジョンソンはヤバい?「合意なき…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    増加する日韓のオゾン層破壊物質 中国企業数十社に…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 6

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 10

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!