ニュース速報

メキシコ高官、米鉄鋼アルミ関税問題「解決近い」 カナダの対応注視

2019年05月16日(木)10時53分

[ワシントン 15日 ロイター] - メキシコのセアデ外務次官(北米担当)は15日、米国の鉄鋼・アルミ輸入関税を巡る対立は解決に近づいているとの認識を示した上で、この問題でカナダが米国と合意に至ることにも期待を示した。

セアデ氏はロイターの電話取材に応じ、関税撤廃での合意は「非常に近い」とし、カナダが米国との交渉で同じスタンスを取ることを望むと述べた。

同次官は「数量制限なし」での関税撤廃をここ1週間協議してきたと述べた上で、カナダが「同様の」合意をまとめる可能性は十分にあると続けた。

将来的に貿易で急激な動きが生じた場合、「対話や監視制度」を通じて対処することが可能とした。また、カナダなしで合意を結ぶことが選択肢として残っていると語った。

ムニューシン米財務長官も15日、カナダやメキシコとの鉄鋼・アルミ輸入関税問題で解決が近づいているとの認識を示したが、カナダのフリーランド外相は合意の見通しに関する直接的なコメントを避けた。

ムニューシン長官は上院の小委員会で、関税問題の解決を巡り「合意が近づいていると思う」と語った。ただ、詳細は明らかにしなかった。

カナダのフリーランド外相は、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とこの日、カナダ産鉄鋼に対する米通商拡大法232条について協議したことを明らかにした。

同外相はワシントンでの会談後、記者団に対し「米加がこうした関税を撤廃し、自由貿易を展開することが両国に最良の結果をもたらすことは明白」としつつも、両国が合意に近付いているかどうかについてはコメントを控えた。

USTRの報道官も会談に関するコメントを控えた。

CNBCが高官筋の情報として報じたところによると、ライトハイザー代表は、鉄鋼・アルミに対する関税撤廃に向けた手続きを提案する見通し。

フリーランド外相はその後、合意の見通しについて聞かれ、カナダの交渉戦略についてはコメントしないと語った。米国が関税を維持すれば、米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の批准に「大きな問題」となるとの認識も示した。

米、カナダ、メキシコの3カ国は昨年、USMCAに署名。しかし、米国はその後もカナダやメキシコに対する鉄鋼・アルミの輸入制限措置を継続している。

カナダとメキシコや一部の米議員は関税の撤廃がUSMCA批准の条件との認識を示している。

カナダとメキシコは、鉄鋼・アルミ関税に対する報復措置として米国からの一部輸入品に関税を発動。

メキシコのセアデ外務次官は、現時点で新たに米製品を報復関税の標的にするのは適切でないと指摘。「それは必要な措置ではないと思う。現在は交渉をまとめることに集中すべきだ」と語った。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

JPモルガン、第2四半期の市場部門は50%以上の増

ワールド

米の新型コロナ死者10万人突破、一日平均では鈍化傾

ワールド

英中銀が保管する金準備で食料など購入へ=ベネズエラ

ワールド

トランプ氏、SNS企業巡る大統領令に署名へ=報道官

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそも日本が「4月入学」になった理由とは?

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 8

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!