最新記事
北朝鮮

金正恩独裁体制の崩壊「5つのシナリオ」を検証する

ON THE BRINK

2024年3月1日(金)11時09分
エリー・クック(本誌安全保障・防衛担当)
金正恩独裁体制の崩壊「5つのシナリオ」を検証する

PHOTO ILLUSTRATION BY GLUEKIT

<ロシアのウクライナ侵攻で金正恩が人生で初めて得た「真の同盟国」。プーチンと親密度を深めて強気になった金一族の3代目は、好戦的な言辞を弄しているがその足元は落とし穴だらけだ>

2024年の北朝鮮はこれまで以上に好戦的かつ挑発的だ。

軍備増強を最優先し、年明けから新型ミサイルの発射実験を繰り返すなど、着々と戦争の準備を進めているようだ。

「朝鮮半島ではいつでも戦争が起こり得ることは既成事実となっている」

──北朝鮮の最高指導者・金正恩(キム・ジョンウン)総書記は昨年末、新年に向けたメッセージでこう語った。

これで、金は戦闘態勢に入る戦略的決断をしたのではないかとみる向きもある。

「北朝鮮は意図的に緊張を高めている。今ならそうしても何の不都合もないと踏んでいるのだ」と、英キングズ・カレッジ・ロンドンのラモン・パチェコ・パルド教授は本誌に語った。

北朝鮮はロシアのウクライナ侵攻後、対ロ接近を強めてきた。

中国の庇護に加え、ロシアとの関係も深化し、金は大胆になっていると、パチェコ・パルドはみる。

アムンディ投資研究所の地政学部門を率いるアンナ・ローゼンバーグも同意見だ。

「今年、北朝鮮はいつにも増して騒々しいノイズを発するだろう。地政学的な背景を見ると、そのためにおあつらえ向きの条件がそろっている」

アメリカはウクライナ戦争や中東で吹き荒れる暴力に対処しなければならず、今秋には自国の大統領選も控えているため、北朝鮮にかまけているわけにはいかないと、ローゼンバーグは指摘する。

だが「孤立国家」がいつまで持つかは疑問だとの声も聞かれる。

力を誇示する金の戦術は「リスク」を伴うと、パチェコ・パルドも認める。

北朝鮮の行く手には大きな未知数が立ちはだかっている。事と次第によっては金の強気の賭けが裏目に出て、この国は今のような形では存続できなくなる可能性もある。

体制崩壊がどのような形を取るかは分からない。

南北統一が達成されるのか、1948年以来続いてきた金一族の世襲支配が終わるのか。

多くの専門家が一致して認めているように、崩壊の引き金となる出来事はいくつかある。

戦争もその1つ。金の突然死もあり得るし、大衆蜂起が起きれば、軍や警察が政権を見捨てて人民の側に付く可能性もあり、エリート層の一部がクーデターを起こす可能性も否めない。

「中国もロシアも北朝鮮を支援する必要性がなくなれば、即座に見切りをつけるだろう」と、パチェコ・パルドは言う。

その場合、北朝鮮は国連安全保障理事会の制裁の影響をもろに受けることになる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独、「悲惨な」経済状況脱却には構造改革が必要=財務

ビジネス

米マイクロン、米政府から60億ドルの補助金確保へ=

ビジネス

EU、TikTok簡易版のリスク調査 精神衛生への

ビジネス

米オラクル、日本に80億ドル超投資へ AIインフラ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中