最新記事

英王室

「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガン妃への「ジェスチャー」に称賛の声

Prince William's 'Gesture' To Meghan Markle After Queen's Death Goes Viral

2023年2月5日(日)20時00分
ジェームズ・クロフォード=スミス
イギリスのウィリアム皇太子

ウィリアム皇太子(2022年11月) Leon Neal/Pool via REUTERS

<確執が噂されるウィリアム夫妻とヘンリー夫妻だが、女王の死の直後に皇太子が見せた振る舞いに、改めて注目が集まっている>

英国のヘンリー王子が、回顧録『スペア』の中で明かした兄のウィリアム皇太子との確執が話題となる中、エリザベス女王が死去した際に、ウィリアム皇太子がヘンリー王子の妻であるメーガン妃に対して取った振る舞いが、改めてネット上で注目を集めている。

■【動画】昨年9月、ウィリアム皇太子がメーガン妃を前にして見せた「完璧」な振る舞い

TikTokのユーザーが投稿したのは、エリザベス女王がスコットランドで死去した2日後の2022年9月10日に報道カメラによって撮影された映像だ。投稿から24時間以内に25万回以上閲覧され、「いいね」は5000件以上、コメントは300件寄せられている。

ヘンリーとメーガンは当時、チャリティーツアーで英国を訪れていた。そこに女王の健康状態が悪化しているという知らせが入り、ヘンリーはウィリアムが先に到着していたスコットランドに移動。メーガンはキャサリン皇太子妃と共にウィンザー城の敷地内にあるそれぞれの自宅に滞在した。

そして女王の死から2日後、ウィリアム、ヘンリー、メーガン、キャサリンの4人は、多くの花が手向けられたウィンザー城前に姿を見せた。4人がそろって公の場に登場したのは、2020年のヘンリーとメーガンの最後の公務以来、初めてのことだった。ヘンリー夫妻はその後、王室を離脱して米国に移住している。

当時、ウィリアム夫妻とヘンリー夫妻の不仲説が報じられていたため、4人が喪服姿でそろって登場すると、マスコミや世間は彼らのやり取りに注目した。

今回TikTokに投稿された映像では、ウィリアムが側近と挨拶を交わした後、後ろを振り返ってメーガンを紹介する様子が捉えられている。彼のこの行動について、映像のキャプションには、「ヘンリー王子の回顧録では語られなかったウィリアム王子の親切な振る舞い」と書かれている。

「紳士でマナーが完璧」「一流の人間」

これについて、一部のユーザーはウィリアムを賞賛。「彼は紳士で、マナーが完璧だ」「ウィリアムは一流の人間だ!」などとコメントしている。

しかし、それに疑問を呈するユーザーもいる。「誰かの存在に気づいた振る舞いが、親切な態度と言えるのか。それとも単なるマナー?」「彼はただ彼女の存在に気づいただけでは?」といった意見も上がっている。

女王の死後、ヘンリーとメーガンは兄夫婦との関係について、Netflixのドキュメンタリー番組『ハリー&メーガン』で語っている。ヘンリーは『スペア』の中でも言及し、同書のプロモーションのために行った多くのインタビューでも明かしてきた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国新規銀行融資、4月は予想を大幅に下回る M2伸

ワールド

仏総選挙、極右勝利なら金融危機も 財務相が警告

ビジネス

三菱UFJ銀と系列2証券に処分勧告、違法に情報共有

ビジネス

ECB、指標が予想通りなら利下げ継続可能=ラトビア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 8

    ジブリの魔法はロンドンでも健在、舞台版『千と千尋…

  • 9

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    カラスは「数を声に出して数えられる」ことが明らか…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中