最新記事

動物

ウクライナから盗んだアライグマがロシア空挺部隊の士気をよみがえらせた!

Russia says raccoon stolen from Ukraine is raising morale—"he motivates us"

2022年11月24日(木)16時03分
ブレンダン・コール

ロシア兵の背嚢に入ったアライグマ「ヘルソン」 Francis Scarr/Twitter

<兵士たちの心を和ませ、意欲を駆り立ててくれる存在として可愛がられているという>

ロシア軍がウクライナ南部ヘルソン州の州都ヘルソン市からの撤退を余儀なくされたことは、ロシア国営メディアでも重苦しく暗いニュースとして報じられているようだ。だがそんな中、ヘルソンの動物園にいた1匹のアライグマが、兵士たちの士気を高めるのに役立っているという。

国営テレビ「ロシア1」は、ロシア中部コストロマ州の州都コストロマからの放送枠の中で、このアライグマが空挺部隊の兵士たちの心を和ませ、彼らの意欲を駆り立てていると伝えた。

【動画】ウクライナのアライグマがロシア精鋭部隊のハートを鷲掴みに

番組の司会者は、オンライン投票の結果、アライグマには「ヘルソン」という名前がつけられたと紹介。2週間前にロシア軍がヘルソン市から撤退した際に、同市内の動物園からほかの動物たちと共に「避難」させたものだと説明し、この「小さな戦士」は「今まさに最高の時」を迎えていると述べた(実際は「避難」ではなく「盗んだ」)。

空挺部隊のある兵士(匿名)は、「ヘルソン」は今や部隊の一員だと述べた。毎日魚やナッツ、ぶどうなどの餌を食べさせ、ロシア兵の標準装備であるテルニャシュカ(青と白の縞模様の長袖シャツ)も与えたという。番組は、「ヘルソン」のいたずらが空挺部隊の兵士たちに「笑顔や優しい気持ち」をもたらしているとも伝えた。

「盗んだ奴らは死んでしまえ」

前述の兵士はまた、ロシア軍は屈辱的な撤退を経験したが「彼(アライグマのヘルソン)が私たちの士気を高め、さらなる勝利を勝ち取ろうと駆り立ててくれる」と述べた。「このアライグマは今や、私たちの部隊のマスコットだ」

世界のメディアに関する情報を収集・公表している英BBCモニタリング部門のフランシス・スカーは、番組の動画をツイッターで共有。「ロシア1のコストロマからの地方ニュース枠で放送された、ヘルソン市の動物園から『避難させた(盗んだ)』アライグマについてのリポートだ」

各種メディアは11月に入ってから、ロシア軍がヘルソン市から撤退する際に、現地の動物園からアライグマやその他の動物を盗んでいく様子を捉えた動画を紹介していた。ウクライナ国防省は、これらの動物は「戦利品」として略奪されたものだと述べ、ほかにも絵画や骨とう品、歴史ある書物などが略奪されたとした上で、次のようにつけ加えた。「アライグマを盗んだ奴らは死んでしまえ」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイートしたら大炎上...これって差別なの?

  • 2

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬の兄妹』が見せる今の邦画に足りないもの

  • 3

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも「一般人の苦労わかってない」と批判の嵐

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 6

    「冬将軍はウクライナに味方する」──専門家

  • 7

    これだけのビールが行き場なし! W杯ビール販売禁止…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    ウクライナ兵も思わず失笑...全てを捨て「裸で川を泳…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 7

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月