最新記事

戦争犯罪

引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

Photos Show Evidence of Teeth Pulling, Live Burials in Russian Torture Room

2022年10月5日(水)16時13分
アンドリュー・スタントン

拷問部屋として使われていたハルキウ州イジュームの警察署の壁にガスマスク(9月18日) Umit Bektas-REUTERS

<ウクライナ侵攻直後から虐殺や拷問で非難されてきたロシア軍。その戦争犯罪を問うための新たな「証拠」が公開された>

ウクライナ政府幹部が10月4日、東部ハルキウ州の村で撮影された、拷問部屋の存在を裏付ける証拠という写真を公開した。

ロシア兵によって戦争犯罪や虐待が行われているとの告発は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が2月24日にウクライナでの「特別軍事作戦」を開始した直後から相次いでいた。

ウクライナ内務省のアントン・ゲラシチェンコ顧問は、虐待を告発する最新ツイートで、ピスキー=ラドキウスキ村で拷問があった証拠とみられる複数の写真を公開した。

そのうちの1枚には、地面に打ち捨てられたガスマスクが映っており、同顧問によればこれは拷問に使われたものだという。もう1枚に写る箱には、虐待の被害者から無理やり引き抜かれたとみられる歯が集められている。さらにこの村では、人が生きたまま地中に埋められた形跡も見つかったと、ゲラシチェンコは書いている。

「捜査官たちは、ハルキウ州のピスキー=ラドキウスキ村で拷問部屋を発見した。生き埋めにしたり、燃えている布を(窒息させるため)ガスマスクに入れるといった拷問の事例が報告されている。引き抜いた(金)歯を集めた箱も見つかった」と、ゲラシチェンコは10月4日にツイートした。

ウクライナ国家警察は10月3日、メッセージアプリ「テレグラム」への投稿で、拷問部屋とされるこの場所が見つかったと発表していた。

「またしても、ロシア人占領者たちによる拷問部屋だ。ロシア占領から解放された後、我が国の警察官たちは、「解放者」を名乗る軍隊が行った戦争犯罪の事例を記録している。ロシア軍の兵士はこの村に入ると、地元民を家から追い払い、自分たちの住居とした」と投稿には書かれている(ウクライナ語からの翻訳を参照)。

警察が見つけた拷問部屋は地下室にあり、地元民たちが「非人道的な状況で閉じ込められていた」という。

「人々は脅され、殴られ、暴行を受けた」と投稿には書かれている。

再びニュルンベルク裁判を

ウクライナ警察は、ハルキウ市から南東約160キロ弱の場所にある小さな村の家々で、ロシア軍の複数部隊が略奪行為をはたらいたと主張している。10月4日午後の時点では、被害を受けたとみられる住民の人数を含めて、拷問とされる行為に関するこれ以上詳しい状況は明らかになっていない。

今回の戦争が始まって以来、ロシアは、ウクライナの兵士や民間人を拷問しているとする告発に直面してきた。これを受けてウクライナは、第二次大戦後に設けられた「ニュルンベルク裁判にならった形」の戦争犯罪裁判を設置するよう、9月の国連総会で訴えていた。

ウクライナメディアの取材に応えたある男性は、ハルキウ州の別の村で、肉体的・精神的な拷問を受けたと語った。この男性は、後頭部を殴打され、あばら骨を折られた末に、拷問部屋に連行されたという。

AP通信によると、9月上旬にウクライナ軍によって解放されたイジュームの町では、虐待が行われていたとみられる場所が、既に10カ所見つかっている。

(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国、春節休暇中の出入境者数が昨年の2倍以上に 旅

ワールド

ロシア産原油の上限価格設定、EUと協議中=米財務長

ビジネス

英財務相、成長促進へ生産性向上に意欲 増税方針は堅

ワールド

フランスとイラク、包括的戦略パートナーシップ協定に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月