最新記事

野生動物

全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

2022年8月10日(水)19時00分
若道いつき

(写真はイメージです) creighton359-iStock

<ヘビの胎生には気候との関係も>

野生動物のリハビリ施設である北コロラド野生生物センターで、ヘビが11匹の赤ちゃんを出産する珍しいシーンが撮影された。

同施設は「ガータースネークは一度に10~40匹の子供を産むため、今回の11匹は少ない方ではあるが通常の範囲内だ」とコメントしている。

ほとんどのヘビは一度に多くの卵を産む卵生だが、直接幼蛇を出産する種もある。

ナショナルジオグラフィック誌の推定によると、ヘビとトカゲ約9000種のうち15~20%程度が胎生だという。ヘビの胎生については、気候と関係があると考えられている。寒冷な地域で母体から離れた卵が低温にさらされながら孵化することは困難だ。

今回撮影されたプレインズガータースネークはアメリカ全土に分布し、北は冬の最低気温がマイナス20度台まで落ち込むカナダ・アルバータ州中央部でも見られる。

映像の母ヘビはフォートコリンズの家族に発見され、顔と首には芝刈り機によるものと思われる裂傷を負っていた。施設によると、ケガは順調に回復しており、数週間後には子供たちとともにリリースされる予定だという。

【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

 20221004issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月4日号(9月27日発売)は「安倍晋三の正しい評価」特集。「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分──世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米金利先物、11月0.75%利上げ織り込む PCE

ビジネス

英首相・財務相、財政計画発表の前倒しは行わず 予算

ワールド

プーチン大統領、ウクライナ4州併合条約に署名 予測

ビジネス

英中銀、30日に11.95億ポンドの国債買い入れ 

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月