最新記事

バッグ

毎日使うものだから、ストーリーのあるバッグがいい。

PR

2017年8月25日(金)10時00分
写真:宇田川 淳 スタイリング:若梅
構成・文:青木雄介
掲載商品 17/67/DS ネイビー×ネイビー
アイコンとなるフロントのFLAPは定番のバケッタレザーを使用。立体感のあるデザインで、質感を際立たせている。あえてナイロン地とレザー部分にネイビーの同色を配し、よりフォーマルでスタイリッシュな印象に。
サイズ:W42×H33×D15センチ トートバッグ ストラップ付(取外し可) ¥81,000(フェリージ) エリコ フォルミコラのジャケット¥108,000、シャツ¥27,000、ユナイテッドアローズのパンツ¥17,280/ユナイテッドアローズ 銀座店 TEL03-3562-7798

<日によって会う人も、シチュエーションも変わるが、自分らしいスタイルをキープするコツは? 注目のWEBメディア「KitchHike」共同代表の山本雅也さんに話を伺いました>

このトートがもつナイロンの"柔らかい印象"は魅力的です。

大手広告代理店に勤務したのち独立。友人と"料理を作る人と食べる人をつなぐマッチングサイト"キッチハイクを立ち上げ、自著『キッチハイク! 突撃! 隣の晩ごはん』も上宰した山本雅也さん。自身がイタリアに旅行したときの経験もふまえ、フェリージの魅力とは「フォーマルな中に宿る"遊び心"」だという。「フェリージは大人っぽいブランドです。このトートはフラップが一番の特徴ですが、かわいいですね。私の仕事は、主にBtoCのコミュニケーションで、このトートがもつナイロンの柔らかい印象は大きな魅力です。大ぶりのサイズも、旅行や遠出にちょうどいい。僕は手土産によくパイナップルを持ち歩いていますが、このトートからパイナップルを出すのも意外性があっていいですよね(笑)」

14/26/DS ネイビー×ネイビー

掲載商品 14/26/DS ネイビー×ネイビー
間口はファスナー開閉式、内側にはレザーパイピングが施された大小のポケットがついている。
サイズ:W40×H31×D14 センチ トートバック ¥59,400(フェリージ) ユナイテッドアローズのスーツ¥81,000、ポケットチーフ¥4,104、フィオリオのネクタイ¥12,960/ユナイテッドアローズ 銀座店 TEL03-3562-7798 アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノのシャツ¥37,800/ザ ソブリンハウス TEL03-6212-2150

料理に造詣が深く、もともとモノづくりに関心がある山本さん。素材はもちろん、ステッチや革のあしらいに見られる仕立ても、お気に入りのポイントのようだ。「会う方に失礼のないように、シャツ、ジャケットといった表面的な見え方以外のところでキチンとしたい。フェリージを持つと、なぜか自分が優秀な人になった気がします。仕事モードになれますし、自分に自信をもたらしてくれる。機能性とも関係すると思いますが、肉厚なハンドルなど、丈夫であることも大事です。そして、気に入ったものであれば長く使いたい。使っているうちに味が出てくるモノ、、、いいですよね」

17/44/DS ネイビー×ネイビー

掲載商品 17/44/DS ネイビー×ネイビー
14/26/DSよりひと回り小さく、ジップつきのフタを折り込むと、開けっ放しのトートに。パイピング加工なので型がくずれにくく、軽量なので肩がけにもぴったり。サイズ:W36×H29×D13センチ トートバッグ ¥56,160


1758/DS ネイビー×ネイビー

掲載商品 1758/DS ネイビー×ネイビー
ダブルジップで、両サイドのポケットも深く、収納力は抜群。一泊程度の出張には、このバッグがオススメだ。サイズ:W40×H31×D14センチ ビジネスバック ¥88,560


907/DS + 889/DS 全てネイビー

掲載商品 全てネイビー(左)907/DS (右)889/DS
「FLAPシリーズ」のクラッチ&ポーチは、ビジネスシーン以外でも、旅行先ではトートにバックインするなど、使い道は幅広い。(左)サイズ:W38×H28×D2センチ クラッチバック ¥37,800 (右)サイズ:W26×H18×D6センチ ポーチ ¥30,240
 
 

ニュース速報

ワールド

北朝鮮で揺れを観測と中国当局、韓国は「自然の地震」

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 3

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

    • 4

      北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

    • 5

      ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

    • 6

      トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

    • 7

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

    • 8

      AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

    • 9

      ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

    • 10

      北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 3

      ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

    • 4

      北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

    • 5

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 6

      強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

    • 7

      イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

    • 8

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 9

      ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

    • 10

      iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月
    • 2017年5月
    • 2017年4月