最新記事

サイエンス

原因不明の「乳幼児の突然死」に画期的研究、死因は...

2016年11月17日(木)19時43分
ルーシー・クラークビリングズ

JulieanneBirch-iStock.

<これまで原因不明だった乳幼児突然死症候群(SIDS)について、オーストラリアの研究者らが「死因はタンパク質の減少」のようだと発表。今後は出生時に危険性の有無を判別できるようになるかもしれない>

 赤ちゃんが睡眠中に突然亡くなる乳幼児突然死症候群(SIDS)を研究した生物学者らが、死因は脳内のタンパク質の減少だと示唆する画期的な研究結果を発表した。

 オーストラリアのシドニーにあるロイヤル・アレクサンドラ小児病院の研究グループによれば、もしその研究結果が正しければ、出生時にSIDSの危険性の有無をスクリーニング検査で判別できるようになるという。

 欧米でしばしば「コットデス(突然死)」と呼ばれるSIDSについて、死因に関する医学的根拠が提示されるのは初めて。これまでSIDSの原因は分かっておらず、窒息など睡眠時の事故とは異なるものの、「うつぶせ寝は避ける」「できるだけ母乳で育てる」といった注意が喚起されるだけだった。

 突然強い眠気に襲われるナルコレプシー(過眠症の一種)のなかで多い、筋肉が一時的に弛緩する症状は、オレキシンを作る神経細胞が破壊され、脳内のオレキシンが不足することで引き起こされる。オレキシン(別名ヒポクレチン)とは、覚醒や睡眠、食欲を制御する神経ペプチドで、タンパク質の一種だ。

 研究者らによると、SIDSで死亡した乳児についてもナルコレプシーの時と同様、オレキシンの欠乏が認められたという。

「赤ちゃんが睡眠中に亡くなる事例があることから、睡眠に関連した問題があることは把握していたが、死因は分かっていなかった。われわれの研究は、この脳内タンパク質が重要なカギを握っているらしいことを突き止めた」と、同病院で睡眠部門を率いるリタ・マチャーラニ医師は英デイリー・テレグラフ紙に語った。

「もし新生児の(オレキシンの)正常値を定めることができれば、異常値に該当した子供たちがSIDSや睡眠時無呼吸症候群に陥る危険性を予見できるようになるだろう」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

スウェーデン中銀、追加利上げ巡り見方分かれる=議事

ビジネス

10月全世帯の実質消費支出、前年比+1.2%=総務

ビジネス

10月実質賃金2.6%低下、物価高で7カ月連続マイ

ワールド

南ア大統領、金銭疑惑巡る専門家委報告書に異議 法廷

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月