最新記事

生態系

「不法移民防止の壁」で死にゆく野生動物

Walled Out

アメリカとメキシコの国境の壁が希少種の生息地を分断し絶滅の危機に追い込む

2016年3月9日(水)15時33分
メリッサ・ガスキル

人間の都合 動物たちの行き来を阻む国境の壁 Alonso Castillo-REUTERS

 テキサス州マッカレン近郊のロウアー・リオグランデ渓谷国立野生生物保護区。高さ2.5メートル弱の鉄鋼の杭が約10センチ間隔で立ち並んでいる。メキシコとの国境に建設された壁の一部だ。テッド・クルーズ、ドナルド・トランプら共和党の大統領候補はこの壁の延長を主張している。

 建設の目的は不法移民の流入と密輸の防止だ。効果の程は不明だが、確実に言えるのは公有地と私有地を横切る壁が野生生物の生息地を分断していること。結果的にこの地域の重要な観光資源である豊かな自然が失われかねない。

【参考記事】【写真特集】娯楽で殺されるライオンたち

 リオグランデ川の中流から下流まで約2000キロは国境沿いを流れている。その一部、メキシコ湾に注ぐ下流域の約200キロの一帯がリオグランデ渓谷だ。ここは北米で屈指の生物多様性に富む地域で、年間の観光収入は4億6300万ドルに上る。

 ここには脊椎動物だけでも700種以上が生息。鳥類は約500種を数える。09年に壁の建設が開始される前にテキサス州公園・野生生物局が環境影響評価を行い、連邦や州レベルで絶滅が危惧されている多くの動植物が打撃を受けると警告した。それでも建設は実施された。

 ペンシルベニア州立大学の研究者ジェシ・ラスキーらが11年に発表した調査では、一部の動物の生息域は最大で75%も縮小した。ラスキーらによると、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに載っているアロヨヒキガエル、カリフォルニアアカアシガエル、ゴマダライモリ、ブチイシガメ、アメリカとメキシコで絶滅危惧種に指定されている小型のヤマネコ、ジャガランディの生存が危ぶまれる。

無視できない経済損失

 アリゾナ州の国境地帯スカイアイランド地域では、アメリカグマなど大型哺乳類の移動範囲が大幅に狭まっているとみられている。移動範囲が狭まれば遺伝子の多様性が失われ、感染症で全滅するリスクが高まる。

 テキサス州最南端のブラウンズビル近郊に環境NPOの自然保護協会が設置した保護区では、オジロジカとクビワペッカリー(イノシシ亜目)の数が増えた。これは喜ばしい現象ではない。野生の生息地を奪われた個体が保護区に逃げ込んでいると考えられるからだ。

 リオグランデ渓谷には国立の保護区が3カ所あるが、その70%が壁の影響を受けている。今のところはまだ壁の所々に抜け道が残っている。ボブキャットはその抜け道を利用して、多くの場合1日に何回も壁の両側を行き来している。

ニュース速報

ワールド

米西部で高速旅客列車が脱線、複数の死者 約100人

ビジネス

歳出最大97兆7100億円 18年度予算案、閣僚折

ビジネス

欧州委、オランダで家具小売イケアの税制措置を調査へ

ワールド

トランプ大統領、安保戦略で「中国とロシアは競争相手

MAGAZINE

特集:静かな戦争

2017-12・26号(12/19発売)

電磁パルス攻撃、音響兵器、細菌感染モスキート......。日常生活に入り込み壊滅的ダメージを与える見えない新兵器

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    「日本のメスザルは性的意図でシカ相手に疑似交尾」…

  • 5

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    このクジラの写真は、最大公約数的な海洋写真とは違う

  • 10

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月