最新記事

人道危機

死者47万人、殺された医師705人......シリア内戦5年を数字で振り返る

Syria’s Five Years, 60 Months, 1,825 Days or 43,800 Hours of War, by the Numbers

1825日目の悪夢にまだ終わりは見えない

2016年3月16日(水)17時00分
ルーシー・ウェストコット、スタブ・ジブ

国境を閉ざされても ギリシャ西部でマケドニアとの国境の川を命懸けで渡る難民・移民たち(2016年3月14日) Stoyan Nenov-REUTERS

 5月15日で、シリアの内戦が始まってちょうど5年になった。中東全域に広がった「アラブの春」のひとつとして始まったバシャル・アサド政権に対する市民の反乱は、巨大なモンスターへと姿を変えた。政府軍と反政府勢力、ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)やヌスラ戦線といったテロ組織が攻撃し合う状況の中に、シリアの民衆は囚われている。

 このシリア危機を物語る数字をいくつか紹介する。

5年

 戦争が始まってからの年数。あるいは60カ月、1825日、4万3800時間と言ってもいい。

55.7年

 2014年のシリア国民の平均余命。戦争が始まって以来、20年以上も短くなった。NGOのシリア政策研究センターによると、2011年以前の平均余命は79.5歳だった。

【参考記事】人間を「駆除」するアサドの収容所、国連が告発

47万人

 シリア内戦の最新の推定死者数(シリア政策研究センターによる)。よく引用される「25万人」という数からは飛躍的な増加となる。25万人は国連による統計だが、国連は2014年初頭から死者数の集計をやめている。

190万人

 同じくシリア政策研究センターによる、シリア内戦による負傷者数。同センターの報告書によれば、シリアの全人口の10%以上が戦争により死傷していることになる。

【参考記事】難民はなぜ、子供を連れて危険な海を渡るのか

94人

 2011年以降に、確認された動機によりシリアで殺害されたジャーナリストの数(米NPOのジャーナリスト保護委員会〔CPJ〕による)。「確認された動機」とは、CPJが「以下についてかなり確かだと判断できるケースのこと。すなわち、ジャーナリストがその仕事に対する直接的な報復で殺害される、戦闘状態において砲火を浴びて殺害される、デモ隊の取材など危険な任務を遂行中に殺害される、といったケース」。これに加え、シリアでは同期間に11人のジャーナリストおよび1人のメディア関係者――取材のガイドを務めていた――が、CPJが動機を確認できないケースで殺されている。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、東海岸から未確認飛翔体を発射=韓国軍

ワールド

北朝鮮、東海岸から未確認飛翔体を発射=韓国軍

ビジネス

IMM通貨先物、ユーロの買い越しが14年3月以来の

ワールド

英自爆攻撃で犠牲になった人たち、8歳少女や3児の母

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札とは...?

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもしれない

  • 4

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 5

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 6

    ヨーロッパを遠ざけロシアを引き寄せたトランプのNAT…

  • 7

    イギリス自爆テロで犠牲になった人びと 8歳少女や3…

  • 8

    フィリピン南部に戒厳令  ドゥテルテ大統領が挑む過…

  • 9

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 10

    「酒の安売り許さん!」の酒税法改正は支離滅裂

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 7

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 8

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 9

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 10

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月