最新記事

領土問題

「中国は東アジアの覇権を追求し南シナ海を軍事拠点化」米太平洋軍司令官

院軍事委員会で「南シナ海の勢力図を塗り替えつつある」と指摘

2016年2月24日(水)19時47分

2月23日、ハリス米太平洋軍司令官は、上院軍事委員会で証言し、中国による南シナ海・西沙諸島への地対空ミサイル配備や南沙諸島へのレーダー配備について、南シナ海を「明らかに軍事拠点化している」と批判、同地域の「勢力図を塗り替えつつある」と指摘した。写真左が同司令官。マニラで昨年8月撮影(2016年 ロイター/Romeo Ranoco)

 ハリス米太平洋軍司令官は23日、中国による南シナ海・西沙(パラセル)諸島への地対空ミサイル配備や南沙(スプラトリー)諸島へのレーダー配備について、南シナ海を「明らかに軍事拠点化している」と批判。

 中国が、同地域の「勢力図を塗り替えつつある」と指摘した。

 同司令官は、中国の行動は南シナ海の情勢を緊迫させているとし、その目的について「東アジアの覇権を求めていると考える」と上院軍事委員会で証言した。

 また、中国のDF─21およびDF─26対艦弾道ミサイルは、米空母に対する脅威となりうるとしながらも、米国は対処することが可能との認識を示した。

 複数の米政府筋は同日、中国が、今月地対空ミサイルを配備した南シナ海西沙諸島の永興島(ウッディー島)に戦闘機を派遣したと指摘。これに先立ち、米FOXニュースが米政府高官の発言として、中国が南シナ海に戦闘機を派遣したと伝えていた。

 西沙諸島は中国が実効支配し、台湾、ベトナムと領有権を争っている。米政府筋の1人は、中国は同島に定期的に戦闘機を派遣していると述べた。

 FOXニュースは、米情報機関が同島でこの数日間に中国の戦闘機「J-11」と「JH─7」を確認したとしている。

 

[北京 25日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

イラン、シェア拡大容認されれば協調する意向─石油相

ビジネス

GPIF、4─6月期の運用損5.2兆円 2期連続の

ビジネス

日経平均は続落、ポジション調整売りに押される

ビジネス

ドル100円半ばでこう着、イエレン待ちで動意欠く

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 2

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 3

    麻薬撲滅を注力のフィリピン、密輸問題で中国大使に説明求める

  • 4

    イタリア中部地震、一夜明け死者数247人に急増

  • 5

    中国、月に有人基地建設を計画:強力レーダーで地球を観測

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 8

    リオ五輪閉幕、ブラジルを待ち構える厳しい現実

  • 9

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 10

    トルコのクーデータ未遂事件後、「シリア内戦」の潮目が変わった

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 7

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 8

    【動画】流血の男児映像が映し出す地獄とヒーロー

  • 9

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 10

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月