最新記事

2016米大統領選

米大統領選、アイオワ党員集会は民主・共和とも大接戦

Trump Regains Lead in Iowa as Clinton, Sanders are Statistically Tie

予備選の行方を決定付けるアイオワ州で、ヒラリーとトランプのリードは誤差の範囲

2016年2月1日(月)14時25分
ダニエル・ポリティ

首位を奪還したが 自家用機でアイオワに乗り込んだトランプ Rick Wilking-REUTERS

 数カ月に及んだ選挙運動の後、いよいよ今日、有権者が最初の意思表示をする。予備選のスタートになるアイオワ州の党員集会で彼らがどの候補を選ぶのか、2~3カ月前の大半の予測より今ははるかに不透明になっている。アイオワ州の党員集会の予測では最も確度が高いといわれるデモイン・レジスター紙とブルームバーグの世論調査でも、選挙戦の行方はまだまだ流動的だ。

 共和党のほうでは、ドナルド・トランプの支持率が急伸してテッド・クルーズ上院議員を抜き返した。党員集会に出席すると答えた有権者のうち28%がトランプを支持し、クルーズの支持者は23%だった。3位は支持率15%のマルコ・ルビオ上院議員で、少し前までトランプの最大のライバルと思われていた元神経外科医のベン・カーソンは10%と後れを取った。

【参考記事】「台風の目」トランプの意外な実力

 だが、トランプが勝つとは限らない。世論調査によれば、クルーズはトランプより幅広い層の支持を集めており、共和党員の間でもより尊敬されている。党員集会に出席する共和党院の45%が、まだ心変わりする余地があると答えているだけに、結果は最後までわからない。

webw160201-01.jpg

固定支持層が支えるクリントン Brian Snyder-REUTERS

 民主党のほうでは、ヒラリー・クリントン前国務長官がバーニー・サンダース上院議員をわずかに上回っているが、差は誤差の範囲だ。党員集会にたぶん出席するという民主党員の支持率で比べると、クリントン支持者は45%で、サンダース支持者は42%。「これ以上の接戦はない」と、オバマ大統領元顧問のデービッド・アクセルロッドは言う。「もしサンダースの勢いが予備選終盤まで続けば、選挙戦は並んだまま膠着状態だ」

揺るがないヒラリー信者

 だが統計上は引き分けでも、クリントンのほうに対する支持のほうが「深くて堅固」だと信じる理由がある。先の世論調査によれば、民主党員のなかにはクリントンが大統領候補になる可能性に興奮し、推すのは彼女しかないと心に決めている支持者が多い。「全般的に見れば、クリントンは世論調査の3ポイントよりもっとリードしている」と、調査を行ったデモイン・レジスターのJ・アン・セルザーは言う。

【参考記事】米大統領選を決する4%票の正体

 両党とも、決め手は党員集会への参加人数だ。クリントンは、必ず出席するという有権者のなかでリードしているが、たぶん出席するという有権者のなかではサンダースがリードしている。大ざっぱにいえば、月曜の夜に集まる人が多ければ多いほど、トランプとサンダースがそれぞれ有利になる。

© 2016, Slate

ニュース速報

ビジネス

スタートトゥデイ、採寸用のボディースーツを無料配布

ワールド

中朝企業への米追加制裁、中国外務省「一方的措置に反

ビジネス

報道されている会社への提案は事実=買収報道で日ペイ

ビジネス

ドル112円前半、調整主体で上値重い トルコリラは

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣…

  • 5

    トランプは金正恩を利用しているだけ、戦争する気は…

  • 6

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 7

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 8

    堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕…

  • 9

    「嫌な気持ちは寝て忘れちゃえ」は逆効果?

  • 10

    北朝鮮、女性への性的暴行や栄養障害が多発 脱北し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 8

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月