最新記事

ペット

韓国が輸出する超小型犬の悲劇

Tinkerbell's Travails

ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の「工場」で大量生産され、ストレスと感染症の危険を背負いアメリカに送られる

2014年8月6日(水)12時01分
ジェフリー・ケイン

 ティンカーベルと名付けられたその犬のサイズに驚いたのではない。ニューヨークの獣医師ロバート・ジャオは、以前にも「ティーカップ犬」の噂を聞いたことはあった。ティーカップにも収まるとのうたい文句で売られる、極小サイズに育てられた犬のことだ。

 むしろ彼がショックを受けたのは、あまりに幼く弱り果て、病気を患ったこの子犬が、はるばるアジアからアメリカまで運ばれてきたことだ。

 マルチーズのティンカーベルは、ジャオが診察したその時、生後たったの3カ月だった。韓国からの長い旅を経てテキサス州の小売業者の元に運ばれ、2日前にニューヨーク近郊の空港に到着したばかり。下痢や腸内寄生虫、眼感染症やケンネルコフと呼ばれる呼吸器の感染症などの慢性病に侵され、何とか生き延びている状態だった。

 対面したときには排泄物にまみれて咳き込んでおり、何かがおかしいのは明らかだった、と飼い主のジリアン・チビターノは言う。ウイルス感染の症状が表れるまでの潜伏期間を考慮すれば、この病状はおそらく飼い主の責任ではないと、ジャオは言う。チビターノは、破格の4000ドルを払ってテキサスのオンライン業者から病んだ子犬を買ったことになる。

 さらに衝撃的なのは、ティンカーベルの悲劇が決して特別なケースではないということだ。

 かわいらしいが論争の的のティーカップ犬は、セレブたちのニッチ市場で大人気。成犬でも2キロ以下にとどまるよう育てられるこうした犬すべてが、過去にトラブルを起こしてきたわけではないが、問題は多数報告されている。

 多くはアメリカ国内で育てられたものだが、国外から輸入される場合もある。問題視されているのは、韓国産の犬だ。ろくに規制が存在しない環境で子犬を育て、弱り果てた子犬を欧米のリッチな客に供給する──そんな韓国のティーカップ犬産業が急成長している。彼らは韓国やアメリカの動物保護団体の抗議の的。時にはアメリカの動物保護法にも違反しているようだ。

ニュース速報

ビジネス

クリントン氏値下げ要請の医薬品、マイランが患者負担

ワールド

イタリア中部地震死者250人、懸命の救出作業

ビジネス

7月米耐久財コア受注、昨年1月以来の2カ月連続プラ

ビジネス

米利上げ、さほど遠くない将来に可能=ダラス連銀総裁

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 2

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 3

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 4

    中国、月に有人基地建設を計画:強力レーダーで地球を観測

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 7

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 8

    TPP推進派はもうオバマだけ

  • 9

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 10

    トルコのクーデータ未遂事件後、「シリア内戦」の潮目が変わった

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 7

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 8

    【動画】流血の男児映像が映し出す地獄とヒーロー

  • 9

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 10

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月