最新記事

イラク

ISIS国家への冷ややかな反応

How Seriously Are Global Jihadis Taking ISIS’s “Caliphate”?

バグダディの高らかな建国宣言を支持する世界の過激派はごくわずか

2014年7月17日(木)15時34分
ジョシュア・キーティング

 イラクでイスラム国家樹立を宣言したスンニ派テロ組織ISIS(イラク・シリア・イスラム国、別名ISIL)の指導者アブ・バクル・アル・バグダディは長い間、鳴りを潜めてきた。これまでに出回っている彼の写真は、わずか2枚しかない。

 だから彼が先月末、公の場に姿を現したのは大きな衝撃だった。場所はISISが制圧したイラク第2の都市、北部のモスルにあるグランド・モスク。黒いガウンをまとい、派手な腕時計を着けて現れたバグダディの姿は映像でも公開された。

 この「初お目見え」の数日前に、バグダディは自身を「カリフ(最高権威者)」であると宣言していた。新たに建設したイスラム国家「イスラム国」のみならず、世界の全イスラム教徒の絶対的指導者である、と。

 もちろん国際社会は、7〜13世紀に存在したカリフ制イスラム帝国を復活させようというバグダディを受け入れるつもりはない。それでも世界各地のアルカイダ系武装組織がどのような反応を示すのか、興味深い。

 ISISはかなり前からアルカイダの幹部らと対立しており、「建国宣言」は、ウサマ・ビンラディンの後継者アイマン・アル・ザワヒリに対する挑戦だ。ザワヒリはまだ口を閉ざしているが、反応を示すとすれば、かなり痛烈な批判になるだろう。

 これまでのところ、他のイスラム過激派組織がバグダディに相次ぎ忠誠を誓っているという事実はない。シリアでは、アルカイダの分派であるアルヌスラ戦線をはじめ多くの過激派が建国宣言を非難している。

 他方、バグダディへの支持を表明しているのは、エジプトやリビアのいくつかの武装組織と、「パキスタン・タリバン運動(TTP)」や「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」の一部。だがAQAPの幹部クラスや、「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」からは何の声も聞こえてこない。

 つまり、バグダディは建国宣言をして権力を誇示したはいいが、彼が従えていると主張する世界の武装組織からは大した支持を得ていない。「ISISが建国パーティーを催したのに、誰も参加しなかったようだ」と、ISISに詳しいJ・M・バーガーは指摘している。

ニュース速報

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

ワールド

OPEC内外の閣僚監視委、減産延長巡る決定時期で意

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 3

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 4

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 8

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 8

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月