最新記事

イラク

ISIS国家への冷ややかな反応

How Seriously Are Global Jihadis Taking ISIS’s “Caliphate”?

バグダディの高らかな建国宣言を支持する世界の過激派はごくわずか

2014年7月17日(木)15時34分
ジョシュア・キーティング

 イラクでイスラム国家樹立を宣言したスンニ派テロ組織ISIS(イラク・シリア・イスラム国、別名ISIL)の指導者アブ・バクル・アル・バグダディは長い間、鳴りを潜めてきた。これまでに出回っている彼の写真は、わずか2枚しかない。

 だから彼が先月末、公の場に姿を現したのは大きな衝撃だった。場所はISISが制圧したイラク第2の都市、北部のモスルにあるグランド・モスク。黒いガウンをまとい、派手な腕時計を着けて現れたバグダディの姿は映像でも公開された。

 この「初お目見え」の数日前に、バグダディは自身を「カリフ(最高権威者)」であると宣言していた。新たに建設したイスラム国家「イスラム国」のみならず、世界の全イスラム教徒の絶対的指導者である、と。

 もちろん国際社会は、7〜13世紀に存在したカリフ制イスラム帝国を復活させようというバグダディを受け入れるつもりはない。それでも世界各地のアルカイダ系武装組織がどのような反応を示すのか、興味深い。

 ISISはかなり前からアルカイダの幹部らと対立しており、「建国宣言」は、ウサマ・ビンラディンの後継者アイマン・アル・ザワヒリに対する挑戦だ。ザワヒリはまだ口を閉ざしているが、反応を示すとすれば、かなり痛烈な批判になるだろう。

 これまでのところ、他のイスラム過激派組織がバグダディに相次ぎ忠誠を誓っているという事実はない。シリアでは、アルカイダの分派であるアルヌスラ戦線をはじめ多くの過激派が建国宣言を非難している。

 他方、バグダディへの支持を表明しているのは、エジプトやリビアのいくつかの武装組織と、「パキスタン・タリバン運動(TTP)」や「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」の一部。だがAQAPの幹部クラスや、「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」からは何の声も聞こえてこない。

 つまり、バグダディは建国宣言をして権力を誇示したはいいが、彼が従えていると主張する世界の武装組織からは大した支持を得ていない。「ISISが建国パーティーを催したのに、誰も参加しなかったようだ」と、ISISに詳しいJ・M・バーガーは指摘している。

ニュース速報

ビジネス

韓国、タカタ製エアバッグ搭載車11万台を新たにリコ

ワールド

米大統領選討論会、視聴者数は過去最多の8400万人

ビジネス

正午のドルは100円半ば、弱地合いが続く

ビジネス

米経済は利上げに対応可能、低金利の正当化困難=米S

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 2

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 3

    打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

  • 4

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 5

    「親を捨てるしかない」時代に、子は、親は、どうすべきか

  • 6

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    芸能人の「一日警察署長」も、容疑者を逮捕できます

  • 9

    国際競争力ランキング、スイスが8年連続首位 日本は8位に後退

  • 10

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 8

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 9

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 10

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月