最新記事

中東

「シシ新大統領」は救世主になれるか

リークされた発言から読み解く改革への知られざる覚悟と真意

2014年5月26日(月)12時03分
トム・デール

熱い期待 支持者はシシが国に安定をもたらすと信じて疑わないが Mohamed Abd El Ghany-Reuters

 エジプトのアブデル・ファタハ・アル・シシ国防相は今年3月末、国防相など軍トップを辞任して次期大統領選に出馬することを表明した。シシは現代のエジプト政界で最も人気があり、世論調査の結果からすれば圧勝は確実とみられている。

 とはいうものの、シシはどんな大統領になるだろうか。演説では国民の結束を呼び掛け、庶民をたたえる言葉を並べ立てて大勢の崇拝者を獲得した。シシを崇拝する人々は、彼こそ過去3年間の激動の末に安定をもたらす待望の人物だと信じて疑わない。

 しかしシシには、演説しているときとは別の顔がある。昨年10〜12月、非公式の発言などを記録した動画や音声がYouTubeに投稿され、ムスリム同胞団(ムハンマド・モルシ前大統領の支持母体)やアルジャジーラと関係があるとされるニュースサイトで公開された。12年後半から公開直前までに記録されたものらしい(軍はコメントを拒否)。

 シシをエジプトの救世主と考えるエジプト人は、リークされた発言に驚くかもしれない。「民衆は私が優しい人間だと思っているが、それは違う。私は拷問であり苦痛だ」と、シシは語っている。

財政改革に問われる手腕

 リークされた発言からは、シシが過去6カ月の間、出馬表明をしなかった理由がよく分かる。出馬するには軍トップを辞任しなければならないことを承知していたからだ。

 10月初旬に公開された音声では、憲法改正案の策定中でシシの出馬を求める声がそれまで以上に高まっていたにもかかわらず、シシは次のように語っている。「世論に働き掛けて、シシ国防相が訴追されないよう憲法に免責条項を付加し、大統領の座に就けなかった場合でも国防相に復帰できるようにする」

 ホスニ・ムバラク元大統領とモルシという前任者2人が権力の座を追われたことを念頭に、退路を確保しておきたがっていたようだ。

 その後も訴追免責条項は付加されず、間もなく圧倒的人気が明らかになっても、シシは出馬表明どころか、支持者や報道陣に何カ月間も待つよう諭し続けた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬…

  • 7

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 10

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月