最新記事

外交

インドと日本を結ぶ意外な友情

Modi's Bromance With Abe

次期首相と目されるモディと安倍の長年の関係と中国への警戒感が両国の絆をさらに固いものにするだろう

2014年4月18日(金)12時12分
パラシュ・ゴシュ

 もしも日本の首相にインド総選挙で一票を投じる権利があったら、安倍晋三は間違いなくナレンドラ・モディを首相候補とする野党・インド人民党(BJP)に投票するだろう。

 安倍とモディはいずれも民族主義者でタカ派の保守主義者であり、多くの問題について見解を共有する長年の友人でもある。今後何年間にもわたって、大いに助け合うことができる可能性のある間柄だ。

 外交専門誌フォーリン・ポリシー(オンライン版)によれば、12年末に安倍の首相再登板が決まった際、最初に祝福の意を伝えた海外要人の1人が、一介の州首相にすぎないモディだった。同誌のシュレー・バルマは、日本の首相とグジャラート州の首相が電話で話すのは「厳密な外交儀礼に照らせばおかしい」が、「長い年月の中で2人の個人的関係、日本と同州の経済的パートナーシップが育まれてきたこと」を強調する出来事だったとしている。

 バルマによれば、きっかけは02年にグジャラート州で起こった暴動だった。約1200人の死者を出した一連の騒動を事実上黙認したとして、モディに非難が集中。アメリカと一部の欧州諸国はモディに背を向けた。

 そのため、グジャラート州政府は貿易の機会を求めて「東方」、特に日本に目を向けることになった。モディ自らも07年に日本を訪問し(インドの州首相による公式訪問は初めてのことだった)、これがきっかけで同州と日本政府の間に新たな投資ルートが開かれた。

 これ以降、グジャラート州のインフラや自動車工場の建設プロジェクトなどに日本から多額の資金が流れ込んだ。12年には政財界の大規模な代表団が同州を訪れ、将来的な企業進出や投資について協議を行っている。日本からグジャラート州への民間投資は、15年度末までに20億ドルに達する見通しだ。

ニュース速報

ワールド

ゴーサッチ米最高裁判事候補、民主党幹部が承認阻止の

ビジネス

スイス中銀、外貨準備運用先の多様化を模索=理事

ワールド

アングル:ロンドン襲撃事件、ロイター記者が見た現場

ワールド

ロンドン襲撃事件、容疑者は英国生まれの男と当局特定

MAGAZINE

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017-3・28号(3/21発売)

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    韓国セウォル号引き揚げ、沈没事故から1073日目で姿を現す

  • 2

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目される理由

  • 3

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「異常で邪悪」

  • 4

    ISISのロンドン襲撃テロは時間の問題だった

  • 5

    ロンドンテロ:加速してくる暴走車と地獄を見た目撃者

  • 6

    テロ直後にトランプの息子がロンドン市長を批判、で…

  • 7

    籠池氏「国有地取得で政治的関与、首相夫人から寄付1…

  • 8

    DataRobot使ってAI予測モデル4000個完成。リクルート…

  • 9

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 2

    韓国セウォル号引き揚げ、沈没事故から1073日目で姿を現す

  • 3

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、英でバッシング

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 6

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 7

    来日したティラーソン米国務長官、同行記者1人、影響…

  • 8

    「日本はWi-Fi後進国、外国人が困っている」に異議あ…

  • 9

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 10

    米中戦争の可能性は低くない──攻撃に強く守りに弱い…

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 3

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 7

    韓国セウォル号引き揚げ、沈没事故から1073日目で姿…

  • 8

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 9

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 10

    ISISが中国にテロ予告

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月