最新記事

サッカー

W杯セックス禁止令で勝てるか

No Sex, Please, We’re Soccer Players

2010年6月22日(火)14時37分
メアリー・カーマイケル(医療担当)

 ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、イングランドとガーナの代表チームに大会中のセックス禁止令が出されたらしい。ガーナ代表は、妻を含む「親族や友人」を部屋に入れることも許されない。過去にはブラジルやナイジェリア、エクアドルなどの代表チームで同様の禁止令が出ている。

 セックス禁止の背景にあるのは、ベッドで頑張って疲れてしまうと翌日のプレーに差し障りがある、という考え。闘争心を促す男性ホルモンのテストステロンが射精で放出されるから、という説もある。

 おそらくどちらも間違っている。セックスはプロのアスリートが息切れするほど激しい運動ではない。どんなに頑張っても25〜50キロカロリーを消費する程度。セックスを控えると、長期的にはテストステロンの量が減る可能性もある。「3カ月しないと子供と同レベルまで急減する」とある内分泌学者は指摘。それにセックスは素晴らしいストレス解消法でもある。

 犯人は寝不足のほうかもしれない。大リーグの名監督だったケーシー・ステンゲルの名言がある。「問題は選手が試合前夜にセックスすることではない。セックスを求めて夜通し起きていることだ」

 禁欲令でイングランドとガーナの選手がよく眠れるのは確かかも。

[2010年6月23日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

中国の建設中の原子炉、3月末時点で20基=原子力産

ビジネス

日経平均は5日ぶり反落、値がさ株さえない 好決算銘

ビジネス

中国工業部門企業利益、3月は23.8%増 伸び鈍化

ワールド

原油先物が下落、供給過剰懸念で地合いが悪化

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環球時報を読み解く

  • 2

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 3

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 4

    米軍、北朝鮮ミサイル迎撃用THAADを韓国南部に搬入開始

  • 5

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 6

    中朝同盟は「血の絆」ではない。日本の根本的勘違い

  • 7

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 10

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 5

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 6

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 7

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 8

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 9

    北朝鮮・シリアの化学兵器コネクション

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 10

    ユナイテッド機の引きずり出し事件に中国人激怒、の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月