注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

ビジネス

航空機

トラブル続きボーイング787は大丈夫か

What's Wrong with the Boeing Dreamliner?

「夢の最新鋭機」に重大な事故につながりかねないトラブルが続発。日米当局の命令で当分空も飛べなくなってしまったが、いったい何が原因なのか

2013年1月17日(木)16時03分
ファイン・グリーンウッド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 ボーイング社の最新鋭機である787型機ドリームライナーは、ここ数週間まずい状況に陥っている。トラブルが相次ぎ、航空会社や運輸当局、そしてもちろん一般の乗客をも不安に陥れているからだ。

 全日本空輸の山口宇部発羽田行きボーイング787型機で昨日、飛行中に機内で煙が発生し、高松空港に緊急着陸したトラブルが起こった後は、日米当局が相次いでボーイング787型機の運航を見合わせるよう世界の航空各社に命令。新しい機種にありがちな「初期不良」ではすまないかもしれない、という懸念も強まっている。

 ドリームライナーに「悪夢」をもたらしている不具合の数々を挙げてみよう。


1)燃料漏れ

 米連邦航空局(FAA)は先月、787型機の燃料を送る配管の組み立てで不具合を発見し、航空各社に対して点検を指示していた。彼らの不安は的中し、今月7日にはボストンのローガン空港に駐機中の日航機のバッテリーから出火し、客室内に煙が発生。8日には同空港で別の日航機が離陸前に燃料漏れを起こした。

 成田空港では13日、7日にボストンで出火したのと同じ日航機で点検中に燃料漏れが見つかった。左翼の給油口から燃料を抜き取っていたところ、燃料放出用のノズルから約100リットルの燃料が漏れ出したという。このトラブルもボストンで発生したものと同様、バルブが不意に開いてしまうシステム上の不具合が原因とみられている。

2)バッテリー問題

 今月16日の全日空機のトラブルは「バッテリー系統の異常」によって引き起こされたと見られている。全日空機は緊急着陸を余儀なくされ、機内には煙に加えて焦げたにおいが充満した。7日のボストン空港でもバッテリーからの出火が起こっている。

3)操縦室の窓ガラスにひび

 今月11日、羽田空港から松山空港に向かっていた全日空機で操縦室の窓ガラスにクモの巣状のひびが入ったことが確認された。通常通り松山空港に着陸し、ガラス交換を行い、事なきを得た。

 もしも運航中に割れた窓ガラスから操縦士が投げ出されたらどうなるのだろうか。あり得ないように思える事故だが、1990年にブリティッシュ・エアウェイズで実際に発生している。機長は一時、吹き飛んだ窓から上半身が飛び出した状態になったものの、乗客・乗員全員が無事に生還した。

4)電気系統の不具合

 ユナイテッド航空機が先月4日、機器故障でニューオーリンズの空港に緊急着陸したのをはじめ、電気系統の問題が最近の一連のトラブルの大多数を占めている。先月13日、カタール航空の保有機でも不具合が見つかった。先月17日には、ユナイテッド航空でも電気系統の問題が報告されている。

5)ブレーキの不具合とオイル漏れ

 今月9日、山口宇部空港で点検中の全日空機にブレーキの不具合が見つかり、運航を中止した。コンピューターの誤作動によるものだという。次いで11日、宮崎空港で全日空機に潤滑油漏れが発生した。

 同日FAAは、787型機の基幹システムの包括的な調査を開始すると表明。さらに16日にはアメリカ国内での787型機の運航停止の命令を出した。これを受けて17日、日本の国土交通省もすべてのボーイング787型機の運航停止を命じる方針を固めた。

From GlobalPost.com特約

最新ニュース

ビジネス

米財務省が課税逃れ阻止策を発表、米企業の海外移転を制限へ

2014.09.23

ワールド

英国、対イスラム国のシリア空爆参加は「協議中」

2014.09.23

ビジネス

HSBCの中国製造業PMI速報値50.5に上昇、雇用は悪化

2014.09.23

ビジネス

菅官房長官、中国経済改革による透明性向上を期待

2014.09.23

新着

食品

究極の高級コーヒーが動物虐待の源に?

ネコのふんから「拾い出す」豆の人気が高まっているが、生産地には思わぬ「副作用」が [2014.6. 3号掲載]

2014.09.22
感染症

聖地巡礼を揺るがすエボラ熱の暴走

世界中から数百万人が集まるメッカ巡礼の時期が迫り、エボラ熱感染対策に追われるサウジアラビア [2014.9.23号掲載]

2014.09.19
朝鮮半島

北朝鮮で横行する墓荒らしビジネス

貧しさから盗掘に走る北朝鮮の人々と、それを買い叩く中国人 [2014.9. 9号掲載]

2014.09.19
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.9.30号(9/23発売)

特集:英国の誤算

2014.9.30号(9/23発売)

スコットランド独立は防いでもイギリスに残る大きなダメージ
勢いづくヨーロッパ各国の分離・独立運動の行方は?

独立問題 スコットランド騒動と英国の誤算

影響 それでも止まらない欧州分裂の波

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:英国の誤算

2014-9・30号(9/23発売)

スコットランド独立は防いでもイギリスに残る大きなダメージ
勢いづくヨーロッパ各国の分離・独立運動の行方は?

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちの犯罪を10年前から知りな…

  2. 2

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束…

  3. 3

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  4. 4

    中国政府、露骨過ぎる香港介入の理由

    イギリスからの返還時に中国が約束した「一国二制度」…

  5. 5

    教科書の国定化で朴槿恵が陥る深刻なジレンマ

    教科書の固定化、画一化を許せば、朴正煕の軍事独裁が…

  6. 6

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  7. 7

    新型iPhoneに乗り換えるべき6つの理由

    アップルが大型画面を搭載した新機種でアンドロイドに…

  8. 8

    中国の国防専門家「第3次世界大戦に備えろ」

    南シナ海と東シナ海における領有権問題が戦争にエスカ…

  9. 9

    中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

    アキノ大統領が東南アジア諸国で初めて「侵略国」日本…

  10. 10

    独立スコットランドを待つ厳しい現実

    イギリスからの独立が現実味を帯びるスコットランドだ…

  1. 1

    朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解

    いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる証言記事に関し…

  2. 2

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  3. 3

    フェミニズム対ナショナリズムの戦争に発展した慰安婦問題

    朝日新聞の「慰安婦」をめぐる大誤報について、木村…

  4. 4

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  5. 5

    分離独立運動は「内乱」なのか?

    スコットランドがイギリスから独立するかどうかを決…

  6. 6

    アメリカやヨーロッパから「ISIS」への志願者、その背景は?

    シリアから始まってイラク北部に「点と線」の支配地…

  7. 7

    中国経済「崩壊論」の虚と実と

    北京市北部の新興住宅街でエステティックサロン兼美…

  8. 8

    STAP細胞事件と朝日新聞誤報事件に学ぶ「だめな危機管理」

    理化学研究所のSTAP細胞についての検証実験の中…

  9. 9

    アップルウォッチに見るイノベーション力

    9月9日のイベントで、アップルがやっとウェアラブ…

  10. 10

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月30…

  1. 1

    グーグルがインドで105ドルスマホ発売、新興国需要に対応

    インターネット検索大手の米グーグルは15日、新興…

  2. 2

    スコットランド首相が辞意、「夢に終わりない」

    スコットランド行政府のアレックス・サモンド首相は…

  3. 3

    アップルの新型アイフォーン予約、初日に400万台突破

    米アップルは15日、新型スマートフォン(スマホ)…

  4. 4

    中国が英グラクソに過去最高額の罰金、幹部懲役刑

    中国当局は19日、英製薬大手グラクソ・スミスクラ…

  5. 5

    キャデラックの新「最高級・ハイテク自動車」生産へ

    米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は19日…

  6. 6

    習主席「好戦的でない」、国境問題が対インド外交に影

    中国の習近平国家主席は18日、インドのモディ首相…

  7. 7

    韓国の格付け見通しを「安定的」から「ポジティブ」に変更=S&P

    格付会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)…

  8. 8

    米マイクロソフトが2100人削減、シリコンバレーのR&D拠点閉鎖

    米ソフトウエア大手マイクロソフトは18日、世界で…

  9. 9

    米格付けを「AAA」に維持=フィッチ

    格付け会社フィッチ・レーティングスは19日、米国…

  10. 10

    情報BOX:スコットランド住民投票の開票状況、2地区除き結果判明

    英国からの独立の是非を問うスコットランド住民投票…

Photo

全身9ドルの服が 語る中国の肖像

2014.09.12 : ポップな色彩にキッチュな着こなし、どこかぎこちないモデルたち・…

Picture Power
詳しく見る
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-Business

  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月