ニューストピックス

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

トランプに迫る弾劾リスク

トランプに迫る弾劾リスク

ロシア疑惑を捜査中のFBI長官を電撃解任したことで、ついにトランプは一線を越えた? Yuri Gripas-REUTERS

2017.05.18

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

どこが違う? トランプ・ロシア疑惑とウォーターゲート

<本格的な捜査が始まったトランプ政権のロシア疑惑。米メディアではウォーターゲート事件と比較されているが、事件そのものはロシア疑惑の方がはるか

2017.05.23
パックンのちょっとマジメな話 パックン(パトリック・ハーラン)

「やっちゃだめ」を全部やっちゃうトランプ大統領

<トランプ大統領がコミーFBI長官を解任したことは、やっぱり大問題。立場や時期を考えずに、わが道を行くトランプは見ていて面白いけど.....

2017.05.19
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

ロシア疑惑の特別検察官任命、その意味とは

<大統領選期間中のトランプ陣営とロシアとの癒着を捜査する特別検察官が任命。捜査結果は早々には出ないがトランプ政権の疑惑はさらに深まった> 先

2017.05.19
大統領弾劾

トランプ弾劾への道のりはまだ遠い

2017.05.19
弾劾

共和党はなぜトランプを見限らないのか

2017.05.17
安全保障

トランプ、最高機密をロシア外相らに話して自慢

2017.05.16
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプ降ろし第3のシナリオは、副大統領によるクーデター

<トランプのロシア疑惑はニクソン大統領を辞任に追い込んだウォーターゲート事件を連想させるが、「トランプ降ろし」には弾劾だけでなく「副大統領と

2017.05.16
アメリカ政治

ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

2017.05.15
ベストセラーからアメリカを読む 渡辺由佳里

トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シナリオ

<トランプ当選を予測した教授は同時にトランプ弾劾も予測していた。ロシア疑惑や女性問題など、現実的に弾劾に繋がりそうな材料は揃っている> 昨年

2017.05.12
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

FBIコミー長官解任劇の奇々怪々

<トランプ政権が突如コミー長官を解任したその裏には、「ロシア疑惑」に関して切羽詰まった事情があるとしか考えられない> 米東部時間の9日夕刻、

2017.05.11
アメリカ政治

トランプのロシア疑惑隠し?FBI長官の解任で揺らぐ捜査の独立

2017.05.10
アメリカ政治

トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

2017.02.01

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    フィンテックの台頭でお堅い銀行が様変わり

  • 3

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    自ら考える部下の育て方は「日本一オーラのない監督…

  • 6

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 8

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカ…

  • 5

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 6

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 7

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 8

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!