コラム

大相撲の伝統を継承しているのは誰なのか?

2014年05月27日(火)12時41分

 一方で、舞の海氏の発言には何とも言えない残念な思いがします。というのは、折角国際化した大相撲に「排外主義」を持ち込んだからではありません。

 大相撲の醍醐味には、ボクシングやレスリングのような「重量による階級制」がないという点があります。ですから、基本的には巨漢力士が有利であるわけですが、その中にあって小兵でありながら取り口に優れた力士も活躍できるようになっています。

 そうした小兵力士が、大柄な力士を技で倒すことがある、それが大相撲の醍醐味の一つとなっているのです。昭和の昔で言えば、鷲羽山関などがその代表であり、更に平成時代の大相撲では、他ならぬ舞の海氏はその代表格でした。

 どうして鷲羽山関や、舞の海関は人気があったのでしょうか? それは、大きな相手に対して怖がらずに向かっていくファイティング精神だけではないと思います。また、常に技を磨き抜く鍛錬の姿勢だけでもないと思います。それは、基本的に小兵は不利であるということを知り尽くしながらも、常に大きな相手に挑んでいくチャレンジャーの精神、チャレンジャーの謙虚さということだと思うのです。

 例えば、舞の海関と言えば、何と言っても因縁があるのが対小錦戦でしょう。特に1996年の7月場所の一番で、勝負には勝ったのですが、体重差で約200キロ以上重い小錦関が左膝へ倒れ込んで来て舞の海関は大怪我を負い、二場所を休場した後に十両へ陥落しています。

 もしかしたら、舞の海関本人は今でもこの一番のことを恨んでいるのかもしれませんが、相撲ファンはこの事件のことは良く覚えているはずです。勝ったのに相手が倒れてきて大怪我、それでも翌年の5月場所には十両から這い上がって幕内復帰を果たした舞の海関のことを多くの人間は称賛しているし、今でも舞の海氏がキャスターやタレントとして人気があるのは、こうした難局を乗り越えてきた精神力と、小兵力士ゆえのチャレンジャー精神を覚えているからだと思います。

 今回の「蒙古襲来」とか「外国人力士を排除」というのは、そうした小兵力士の美学に自分で泥を塗る行為であり、更に言えば大相撲という伝統芸能と興業とスポーツが入り混じった不思議なカルチャーの核の部分を壊す発言であると思うのです。チャレンジャーの謙虚さという価値観が消えてしまったら、小兵が巨漢を倒す相撲の醍醐味の精神面が完全に消えてしまうからです。

 そう考えれば、理由に関しては沈黙を守っての白鵬関の「会見拒否」と、舞の海氏の「蒙古襲来発言」のどちらが、大相撲の伝統に対する責任ある態度であるかは明らかであると思います。

 ただ、舞の海氏に関して言えば、現役引退後は相撲解説者として記録的な数のコメントをして来ているわけで、その中では今回のような「不規則発言」は全くなかったわけです。相撲とは何かということを、正に自分の言葉で喋り続けてきたわけで、その功績は大きなものがあると思います。

 その舞の海氏が、今回のような発言を行うに至ったというのは、もしかしたら講演会の場の雰囲気に流されただけなのかもしれません。そうであるならば、白鵬関の「無言の抗議」を受け止めて、このような発言は今回限りにしていただきたいと思うのです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発、自律反発期待の買い 戻りは鈍い

ビジネス

午後3時のドルは157円後半で一進一退、豪ドルが上

ビジネス

企業向けサービス価格指数、5月速報から2020年基

ワールド

マレーシアと中国、5年間の経済協力協定を更新へ 李
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 9

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story