プレスリリース

広い広いソラだから、農園のなかの流星群☆彡フェス 「THE FARM ふたご流星群前夜祭」12月14日(木)開催 極大15日よりもよく見える!?

2023年12月04日(月)12時30分
株式会社ザファーム(本社:千葉県香取市、代表取締役:武田 泰明)は、農園リゾートTHE FARM(以下 THE FARM)にて、ふたご座流星群極大日(2023年12月15日(金))前日、12月14日(木)に「農園のなかの流星群☆彡フェス~THE FARM ふたご流星群前夜祭~」を開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/377914/LL_img_377914_1.png
流星群フェスTOP

流れ星に逢える確率を上げるには「暗い」こと、そして「ソラ」の広さが求められます。その条件を備えたのがTHE FARMの「農園」です。「ふたご座流星群」の極大日(ピーク)はカレンダー上15日ですが、それは明け方4時ですのでむしろピークに一番近い夜は14日ともいえます。本年は月明りもほぼなく、うまくいけば1時間に数十個流れる可能性もあるといわれています。この日、ふだん行われない絶好の流星群観賞ポイントを特別開放し、さらにTHE FARM各チームが集合して流星群観賞を特別サポートいたします。


●流星群フェス特別コンテンツ
広いソラの下でゆったりと流星群を観賞していただきつつ、THE FARMならではの多種多様なコンテンツを用意し、冬の一夜の特別な思い出作りをサポートいたします。

(1) 源泉かけ流し!?特設「星空足湯」が登場
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/377914/LL_img_377914_2.png
足湯
※画像はイメージです

長時間の観賞をヘルプできるよう、THE FARM自慢の「かりんの湯の源泉100%」を使った特設足湯を用意します。ドラム缶で沸かしながら随時「湯守」が継ぎ足していきます。

(2) 焚き火&星のスモア
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/377914/LL_img_377914_3.png
焚き火でスモア
THE FARMグランピングで人気の焚き火と名物スモアもご用意します。

(3) ふたご座レモンティー&ホロにが想い出レモネード
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/377914/LL_img_377914_4.png
レモネード
THE FARM CAFE シェフ考案ホットドリンクを随時提供。心も身体も温まるレモンティー、そして、ほろ苦い特製ホットレモネードを予定しています。

(4) 星のソムリエ(R)大集合
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/377914/LL_img_377914_5.png
星のソムリエ(R)
THE FARMには複数人の「星のソムリエ(R)」がいます。この日大集合し、星空のお話や、天体望遠鏡を使って「すばる」「オリオン大星雲」などをお見せします。

(5) 天の川を遡れ!まさかのナイトカヌー
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/377914/LL_img_377914_6.png
星空
※画像はイメージです

10月で終了したカヌーが流星群に一夜だけフェスに復活。カヌーに寝そべって、専用双眼鏡でソラを眺めてみると...そこには天の川が。

(6) そんなバカな!寒風を送る熱波師
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/377914/LL_img_377914_7.png
おふろcafeかりんの湯 熱波師
かりんの湯で大人気パフォーマンスの熱波師が、サウナを飛び出して流星群フェスに登場。果たしてどんな「寒風」を送ってくれるでしょうか。

(7) 夜の"ヤサイちゃん"登場!
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/377914/LL_img_377914_8.png
ヤサイちゃん
いつも日中に活動する「農と野菜のスター」ヤサイちゃん。この日流星群に合わせて夜に登場。はたしてどんな格好で、どんなことをしてくれるのか、当日をお楽しみに!

※上記コンテンツは事情により若干の内容変更がございますこと、事前にご了承ください。


●万一の天候不良の場合の特別コンテンツ
自然現象ゆえ星空が望めない場合があります。その場合多目的室(コテージラウンジそば)室内にて星や宇宙を楽しめるコンテンツを行います。

☆星のソムリエ(R)による「ここだけしか聞けない星と宇宙のハナシ THE FARM版」
☆豪華賞品が当たる星空横断ウルトラクイズ
☆THE FARM CAFE特製ドリンクサービス
☆THE FARMオリジナル星座早見盤を全ご家族にプレゼント
☆その他ワークショップも検討中

農園のなかの流星群☆彡フェス「THE FARM ふたご流星群前夜祭」特設ページ
https://creative.thefarm.jp/starwatching


■株式会社ザファーム
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/377914/LL_img_377914_9.png
星空2
2016年5月創業。千葉県に関東最大級のグランピング施設を有し、アウトドア・イノベーションサミットで6年連続アワード受賞し殿堂入りした農園リゾート「THE FARM(ザファーム)」の運営を行う。経営理念は「農ある暮らしをすべての人に」。新しいスタイルの手軽な農業体験・アウトドアの楽しみ方を提供。
https://www.thefarm.jp/

本社 :千葉県香取市西田部1309-29
会社名:株式会社ザファーム
代表 :代表取締役 武田 泰明
創業日:2016年5月26日
事業 :農園リゾート「THE FARM(ザファーム)」の運営
(グランピング、カフェ、貸農園、温浴施設、コテージ、
アクティビティ、フランチャイズ事業の展開)


■本リリースに関するお問い合わせ先■
株式会社ザファーム 総合案内
TEL : 0478-79-0666
MAIL: syukuhaku.info@thefarm.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トヨタ、国内2工場2ライン稼働停止を3月1日まで継

ワールド

メキシコGDP、第4四半期0.1%増に鈍化 利下げ

ビジネス

FRB理事発言で利下げ時期後ずれ、GSは5月予想取

ビジネス

中国1月新築住宅価格、政策支援でも下落傾向続く
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 3

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦線維持に不安

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 8

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 9

    「くまのプーさん」だけじゃない習近平のあだ名、そ…

  • 10

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中