プレスリリース

世界のバリアフリー活動のアワード 「ゼロ・プロジェクト・アワード2024」を受賞PCやスマホ画面の色覚補助ソフトウェアを、2005年から7万件以上無償提供

2023年12月04日(月)15時30分
株式会社両備システムズ(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:松田 敏之、以下 当社)は、世界中でバリアフリーに向けた取組みを行っている企業や団体を表彰する「ゼロ・プロジェクト・アワード2024」を受賞することが、本日2023年12月4日(月)に決定いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/378074/LL_img_378074_1.jpg
両備システムズ ゼロ・プロジェクト・アワード2024を受賞

「ゼロ・プロジェクト・アワード」は、オーストリアのエスル財団が、2008年に始めたプロジェクト(以下 同プロジェクト)です。この国際賞は、国連障害者権利条約に基づき、世界のバリアフリー活動などを称えるものです。毎年オーストリア・ウィーンにある国連事務所で大規模な会議を開き、世界各国の取組みを発表するとともに、「ゼロ・プロジェクト・アワード」の表彰を行っています。
97か国から526のノミネートがあり、審査の結果43か国から77件が受賞することを、同プロジェクトが発表しました。


● バリアフリーへの取組み
当社は、色覚補助ソフトウェア「Visolve(ヴィソルブ)」を、2005年から、当社コーポレートサイト上にて無償で公開しています。また、バリアフリーに配慮する製品・サービスづくりを行っている会社にチェックツールを有償で提供し、収益化に向けた活動を行っています。
Visolveは、デジタル機器のディスプレイの色を、色がわかりにくい(色覚異常がある)方にとって見やすく変換するソフトウェアです。
先天性で色が分かりにくい方は、日本人では男性の5%、女性の0.2%で、男性では20人に1人、女性では500人に1人の割合です。白人における発生頻度は8~10%とされています。(※1)
※1 引用元:冊子「色覚異常を正しく理解するために」
公益社団法人 日本眼科医会
( https://www.gankaikai.or.jp/colorvision/detail/post_9.html )

米国海洋大気局 ナショナルウェザーサービスや教育機関など、海外の公的なWebサイトにリンクが掲載されており、ダウンロード数は72,000件を超えています。
・NOAA's National Weather Service ( https://www.weather.gov/credits )
・科学雑誌 Nature Methods ( https://www.nature.com/articles/nmeth.1618 )
・W3C アクセシビリティツール集 ( https://www.w3.org/WAI/ER/tools/ )
・MERLOT(カリフォルニア州立大学)
( https://www.merlot.org/merlot/viewMaterial.htm?id=1158893 )
・Winthrop(ウィンスロップ大学)
( http://faculty.winthrop.edu/kosterj/WRIT501/morethanwords/byrd/KGBbasics.htm )
・OSU(オレゴン州立大学)
( http://cgrb.oregonstate.edu/core/microscopy/microscopy-useful-links )


● Visolveの特長
1. 色変換
区別が難しい色を、明るさの違いによって区別できるようになります。さらに、変換ルールを覚えておけば、元の色が推測できるようになります。
例えば、赤緑が見えにくい方の場合、オリジナル画像(A)は(B)のように見えます。そこで、Visolveでの変換後(C)は(D)のように見え、明るくなった部分が赤だと推測することができます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/378074/LL_img_378074_2.jpg
色変換例

2. フィルタリング
指定した色以外を暗くして、その色を目立たせます。例えば、赤フィルタを指定した場合、赤色が見つけやすくなります。
赤を見つけたい場合、右図のように、目立っている色が赤だと推測できます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/378074/LL_img_378074_3.jpg
フィルタリング例

3. ハッチング
色に応じて異なるハッチングパターン(細かい模様)を用いて描画し、色の領域を区別しやすくします。
例えば、色で表現された図(左)に対し、描画を加えた図(右)で分かりやすくします。
引用元: https://www.weather.gov/

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/378074/LL_img_378074_4.jpg
ハッチング例

● Visolve 製品ページ
https://service.ryobi.co.jp/business_innovation/visolve-gate/


● 今後について
2024年2月21日~24日、ウィーンの国連事務局にて開催されるThe Zero Project Conference 2024(#ZeroCon24)で、Visolveの開発者である、当社社員 下田 雅彦(しもだ まさひこ)が発表する機会をいただいています。Visolveを起点にした色覚のバリアフリーを持続的に進めていくための提案を行う予定です。


【株式会社両備システムズ 会社概要】
社名 : 株式会社両備システムズ
本社所在地 : 岡山県岡山市北区下石井二丁目10-12
杜の街グレースオフィススクエア4階
代表者 : 代表取締役社長 松田 敏之
設立 : 1969年12月
資本金 : 3億円
事業内容 : 公共、医療、社会保障分野および
民間企業向け情報サービスの提供
(システム構築、アウトソーシング事業)、
ソフトウェア開発、データセンター事業、
ネットワーク構築サービス、セキュリティ事業、
ハードウェア販売および保守サービス、
AI・IoTなど先端技術研究開発
コーポレートサイト: https://www.ryobi.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 3

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 4

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 5

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 8

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 9

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 10

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 10

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中