コラム

全米トップの11兆円チェーンを育てた男の成功術とは?(パックン)

2023年12月08日(金)18時40分

登壇したニューヨークのイベントで話すシャイチ(23年10月) BRENDAN MCDERMID-REUTERS

<人生で成し遂げたい目標を「死亡広告」として書くことで成功を手にした全米一のパン屋チェーン創業者のやり方を、米出身芸人パックンが伝授します>

アメリカで何を食べればいいか? とかけまして
中国が外交カードとして利用するクマ科動の物 と解く
その心は、パンだ!

そう。アメリカはパンの国だ!(にもかかわらず日本語で「米国」と書くことは永遠に納得できない。せめてコメパンならまだ分かるけど)。

さて、アメリカでパンを食べるなら、どこかの工場で焼かれ、トラックで搬入されるパンを売るだけのようなチェーン店じゃだめだ。ちゃんと職人さんが毎朝店舗のオーブンでパンを丁寧に焼くチェーン店で食べてほしい。はい、結局チェーン店です。

おすすめは「パネラ」というチェーン。店舗にはホカホカのパンのほか、ふかふかのソファ、メラメラの暖炉など、いろいろな擬音がそろっている。

「パン屋の帝王」の成功術とは?

パネラのお店はアメリカに行けばすぐ見つかるはず。全国で約2000店舗を展開しているからね。僕の地元コロラド州に39か所、アイダホ州にも7つある。アイダホの人口よりも多いかも?

ここまでが余談だ。

実は、そんなパネラ・ブレッド社をゼロからフォーチュン上位500社入りするまで育てて750億ドル(11兆円以上)で売却した創業者ロン・シャイチが最近自伝を出版(しゅっパン!)した。その中で最も注目されているのは彼の成功術。さらに、その成功術の中から僕が最も注目しているのは「自分で自分の死亡広告を書く」というテクニックだ。

この死亡広告(英語でobituary)というのは、新聞などに載って亡くなった方の経歴を紹介する記事。日本で言う、いわゆる「お悔やみ欄」的なやつだ。だいたい家族が書いてくれるから「生きる価値のない、どうしょうもねえやつだった」とかは書いていないが、事実しか載せないので、いくら愛を持ってもそこまで「特盛り」にはできない。つまり、立派な死亡広告が欲しい人は立派な人生を送らないといけないのだ。

シャイチは、死亡広告に載せたい内容を生前に決め、毎年の年末に見直すことておくことを勧めている。一旦決めたら、逆算してその目標を達成するための手段やステップを考え、年明けからなし崩し的に行っていく。そうすると目標を先延ばしにせず、大きな夢でも実現できる!というわけ。 

たとえば、僕の夢は「なし崩し的に」を正しく使うことだった。さっき達成した。ぜひ死亡広告に載せてほしい。

★なし崩し=少しずつ物事を済ませること

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『パックン式 お金の育て方』(朝日新聞出版)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 7

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story