コラム

欧米のウクライナ援助の裏にある不都合な真実(パックン)

2022年03月31日(木)17時30分

もちろん、政策や制度の違いの理由は見た目や文明の差異であるとは正式には公表されない。そんなバイアスはあったとしても、今の時代にはそれを口に出す先進国のリーダーはいない。国境の壁建設を推進しつつ「メキシコ人は麻薬売人、犯罪者、レイプ犯だ」と言ったり、ハイチの移民を追い出そうとしつつ「ハイチやアフリカ諸国は『クソ溜め国家』だ」と言ったりするようなリーダーはいない。今は。去年1月までわが国にいたけど。

だが、潜在的な差別は政策の背景にあると考えられるし、そのバイアスはときどき、コメンテーターやニュースキャスターの発言からも垣間見える。

車が似ていてショック

米CBSの記者は「ここはイラクやアフガニスタンと違って......比較的文明度の高い......ヨーロッパの町」とキエフを描写した。カタールの放送局アルジャジーラの番組で元BBCのプレゼンターは、ウクライナ難民が紛争中の中近東や北アフリカから逃げる人ではなく、「富裕な中流階級」で「近所に住んでいそうなヨーロッパ系の家族にそっくり」と説明した。同じ思いを米NBCのリポーターは「ストレートにいうと、彼らはシリア難民と違う。キリスト教徒で白人。私たちによく似ている」と、包み隠さずに表現した

英テレグラフ紙のコラムニストも率直に「彼らは私たちに実に似ている。だからショックを覚える」と書いた。どうやら口だけではなく、指も滑るようだ。さらに、フランスのBFMTVでは「シリア人の話ではないよ......(ウクライナ人は)私たちの車と同じような車に乗って命からがら逃げている」と、なぜか車が似ていることからもショックを覚えているようだった。

差別的な気持ちや考え方は醜いが、一番残念なのはそれによって生じる対応の違い。今ウクライナ危機に欧米が見せている団結、決意、対応の迅速さや規模は、遠いところで「違う文明」の人に問題が起きた時にも見せないといけないのではないだろうか。世界の経済力、軍事力、影響力は欧米に集中している。世界全体の平和維持に貢献する責任もその恵まれた環境に伴うのではないか。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

全市場へのブロックチェーン導入には課題=英中銀副総

ワールド

ウクライナ、EUにロシア産原油の海上保険禁止を呼び

ビジネス

米経済「軟着陸可能」、物価への向かい風は存在=財務

ビジネス

11月0.75%・12月0.5%利上げ想定=アトラ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中