コラム

トランプ議会演説は、普通に戻ったフリをしただけ

2017年03月09日(木)20時15分
トランプ議会演説は、普通に戻ったフリをしただけ

議会演説へのメディアの評判は悪くなかったが Jim Lo Scalzo-REUTERS

<トランプのまともな演説を聞いて安心してしまった人も多かったようだが、よくよく考えれば最低限のことをやっただけ。これが普通だから!>

トランプ大統領の2月末の議会演説と、そのあとの反応を見て思い出したものがある。それは『こち亀(こちら葛飾区亀有公園前派出所)』。

多くのアメリカ人は「あら! いいことを言うじゃん!!」と演説を聞いて感心していた。「党を超えて、アメリカのため、世界のために頑張ろうって? そう! そういうことを聞きたかった!」と、ちょっと安心した人も多かったことでしょう。現にCBSの世論調査では、演説を見た人の76%が大統領のメッセージを支持すると答えたという。

そこで思い出したのが、更生して褒められている不良に対しての両津勘吉の名台詞。「ごくふつうにもどっただけなのに、それをえらい、立派だと甘やかしてるでしょうが!」

演説自体は作品として悪くない。メッセージもよかったし、理路整然と論点を並べていた。ちょっとした小話も加えて、言葉の工夫もあった。そして、リズムよく話していたことは間違いない。しかし、大統領の演説としては名作と評されるようなものではなく、ごく一般的な内容だった。なんでこんなに褒められるのかというと、今まで普通のことさえできなかった人が行ったものだからだと思う。

【参考記事】トランプ施政方針演説、依然として見えない政策の中身

失礼なたとえかもしれないが、初めて便器に座って用を足せた2歳児を親が精いっぱい褒めるのと同じような現象が起きていると感じた。まともな演説ではあったが、これは最低限のもののはず。常識なことが書いてある台本をちゃんと読み上げられて良かったが、それが普通なのだ。

と言いながら、正直、僕もちょっと演説を見て、にわかに希望を持ち始めた。分裂や対立ばかりを煽ってきたトランプの方向転換を願っている身として、演説のトーンが変わることが大事な第一歩だ、とちょっと喜んでしまった。

意外と僕もウブだな~。すれているおっさんに、乙女心がまだ残っているな~。うふふ・・・と、うきうきしていた僕だが、すぐに絶望した。演説の前後にトランプが取った言動をよく見ると、有言実行にするつもりがないと分かったからだ。そのギャップにおっさん、心がハートブレイク。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

ドル112円前半で動きづらい、ユーロ/ドルは1年ぶ

ビジネス

出光興産、月岡社長らの取締選任議案を可決

ワールド

シリア、米警告で化学兵器封印か マティス国防長官が

ワールド

武装勢力が占拠の比マラウィ、頭切断された住民5人の

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 2

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者…

  • 5

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 6

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 7

    地方学生が抱える奨学金ローンの破綻リスク

  • 8

    ベネズエラ、警察ヘリが最高裁と内務省を攻撃 大統…

  • 9

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 10

    シリア東部はアサドとイランのものにすればいいーー米…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!