コラム

終章 現代アートの現状と未来

2017年07月14日(金)10時00分
終章 現代アートの現状と未来

Venice Art Biennale 2017: Viva Arte Viva - Arsenale-Youtube

この連載も今回で終わりである。これまでに述べたことをおさらいし、後回しにしていたテーマについて論じ、さらに、現時点における現代アートの問題を列挙してみたい。

アートワールドの現状

・アートワールドは矛盾に満ちている
ヴェネツィア・ビエンナーレに典型的に見られるように、アートワールドは本音と建て前を使い分けている。狭義のアートワールドはアートマーケットに依存していて、そのマーケットはグローバル資本主義に支えられている。アーティスト、キュレーター、批評家、ジャーナリストなどの多くはリベラルもしくは左翼であり、彼ら彼女らはグローバル資本主義を批判するが、実は日々の糧をそこから得ている者が少なくない。
【参考記事】ヴェネツィア・ビエンナーレとは何か(1):水の都に集まる紳士と淑女


Venice Art Biennale 2017: Viva Arte Viva - Arsenale

・アートマーケットは加熱する一方である
世界的に経済格差が拡大するのに比例して、スーパーコレクター同士の争いは激化している。リーマン・ショックのような、瞬間的・短期的な冷え込みが今後もあったにせよ、中長期的に見て世界経済が成長する限り、経済とリンクしたアートマーケットが縮小することはない。希少な作品の奪い合いは、当然ながら価格の高騰をもたらす。
【参考記事】スーパーコレクターズ(1): 億万長者の狩猟本能

・美術館とアーティストは様々な圧力に曝されている
全体主義的国家は言うに及ばず、民主主義諸国でも政府が文化芸術の内容に干渉したり、表現を規制したりすることがある。どの国も表面的(法的)には表現の自由を認めているが、助成金など経済的支援の停止を仄めかすなど、水面下での圧力が存在する。美術館の内部では、管理職が保身のために現場やアーティストに展示の修正を求めるケースがある。昨今は現場スタッフによる「忖度」や、アーティストの「自己規制」も見られる。
【参考記事】危うし、美術館!(1): 香港M+館長の電撃辞任は中国の圧力か

・作品の特権的な私有化や囲い込みが進んでいる
特に米国において、富裕なコレクターが開いた新興私立美術館が、公的助成を受けながらも実質的に一般公開されていないことが問題視されている。米国以外でも、財閥や企業が保有する韓国のリウムのような美術館が、コレクションを政治的に利用している疑いがある。公共財である芸術作品を私物化しようとするひと握りの人々によって、文化遺産が広く共有されず、アートシーンが沈滞化してゆくことが懸念される。
【参考記事】危うし、美術館!(3):ジコチュウ私立美術館の跳梁跋扈

・巨大美術館はポピュリズムに陥り始めている
ニューヨーク近代美術館(MoMA)などの巨大美術館が、アート以外の領域に手を広げ始めている。それはまだしも、テート・モダンは展示面積の拡大を機に、「他者と過ごす社会的・社交的な場」を目指すという方針を明らかにした。公的な文化予算の減少を補う民間スポンサーからの支援増大に伴い、アートとはほとんど無関係のタイアップ展が増える可能性がある。大衆に迎合する巨大美術館はテーマパーク化しつつある。
【参考記事】危うし、美術館!(4):MoMAとテート・モダンの迷走1

・批評や理論は影響力を失っている
マーケットが巨大になるにつれて、批評の影響力が格段に低下している。『アートフォーラム』などの専門誌は広告で占められ、業界人でさえ批評を読まなくなっている。20世紀末以降、アーティストの「運動」や「流派」はほとんど誕生せず、それが批評の停滞を招いている面もある。現代思想や哲学に依拠するキュレーターや作家はいるとはいえ、美学やアート理論はボリス・グロイスら一部の書き手を除いて衰弱している。
【参考記事】ジャーナリズムと批評(1):絶滅危惧種としての批評家

プロフィール

小崎哲哉

1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を刊行し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏が対北制裁強化へ署名、「兵器開発資金断つ

ビジネス

中国をA+に1段階格下げ、信用拡大リスク指摘=S&

ビジネス

日銀が政策維持、片岡委員「不十分」と反対 総裁「緩

ワールド

フィリピン中銀、予想通り金利据え置き インフレ予想

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演説で

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 5

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 6

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 10

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!