最新記事

シリーズ日本再発見

日本の映画館で『ワンピース』を英語・中国語字幕付きで上映する理由

2016年08月05日(金)11時28分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)
日本の映画館で『ワンピース』を英語・中国語字幕付きで上映する理由

© O/2016 OP

<日本語が分からない外国人に映画館で日本の映画を観てもらう――それが外国語字幕付き上映企画「YOKOSO! EIGAKAN!」の狙い。アニメ映画によるインバウンド重要の掘り起こしを目指す今までにない取り組みだ。特に家族連れの旅行客をターゲットにしているというが、その背景には、家族向けサービスが少ないという日本の"おもてなし"の弱点もあるようだ>

【シリーズ】日本再発見「日本のおもてなし施策最前線」

「留学生として日本で暮らしていますけど、映画館に来たのは今回が初めてです」

 そう目を輝かせながら話してくれたのは、若い中国人留学生の4人組だ。アニメ映画『ONE PIECE FILM GOLD』(東映配給)を見るため、新宿の大型シネコン「新宿バルト9」にやってきた。

 彼らを初めての映画鑑賞にいざなったのは、外国語字幕付き上映企画「YOKOSO! EIGAKAN!」だ。新宿以外にも品川、横浜、京都、大阪、福岡と、日本各地の6映画館で実施され(8月5日まで)、英語と中国語(簡体字)の字幕併記で日本語が分からない外国人に対応している。

 実際に映画館を取材したが、観客のほとんどが外国人だった。欧米、東南アジア、中国などさまざまな地域の人々が集まっているだけに、上映前の客席では英語や中国語などさまざまな言語が飛び交っていた。映画が始まっても、ガイコツ男「ブルック」の定番ギャグに客席全体が爆笑に包まれるなど、日本人とは違うノリの良さを感じる。まるで外国の映画館にやってきたかのようだ。

【参考記事】ワンピース、キャプ翼、テトリス、辞書まで映画化!? 中国第3のバブルの実態

「YOKOSO! EIGAKAN!」は、シネコン・チェーンを運営する東映グループのティ・ジョイが主催する企画だ。2015年5月の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(東映配給)からスタート。同年10月の『心が叫びたがってるんだ。』(アニプレックス配給)、翌年1月の『ガラスの花と壊す世界』(ポニーキャニオン配給)と日本のアニメ映画を外国語字幕付きで上映し、今回で第4弾となる。

 人口減少時代を迎えた日本において外国人需要をとりこむ狙いがあるが、それに加えてより大きな「志」があると、ティ・ジョイの担当者である影山美央さんは語る。「いわゆる"おもてなし"として、外国人に日本の文化を体験してもらうこと、そして家族連れの観光客が楽しめるサービスを提供することが狙いです」

映画館でのグッズ販売も日本ならではの体験

「爆買い」が新語・流行語大賞を受賞したのは2015年末だが、今年に入って早くも状況は変化している。訪日外国人数は2016年上半期に過去最高を記録するなど絶好調(前年同期比28.2%増の1171万4000人、日本政府観光局訪日外国人観光客統計2016年6月推計値より)。一方で、百貨店免税品販売額は今年4月にマイナス9.3%を記録、3年3カ月ぶりに前年実績を下回った。その後も低調に推移し、6月には前年同月比20.4%のマイナスにまで落ち込んでいる。

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    アパホテル書籍で言及された「通州事件」の歴史事実

  • 2

    スコセッシ『沈黙』、残虐で重い映像が語る人間の精神の勝利

  • 3

    ソロス氏「トランプ大統領で市場は低迷へ、政策は失敗すると確信」

  • 4

    【式典スケジュール】トランプ新大統領、就任イベン…

  • 5

    トランプ支持者が抱える、ある深刻な分裂

  • 6

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 7

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない…

  • 8

    ロボット化する社員が企業の倫理的問題を招く

  • 9

    米メディアはなぜヒトラーを止められなかったか

  • 10

    中国が史上最速「エクサスケール・スパコン」に一番…

  • 1

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 2

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき」中国紙が警告

  • 3

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 4

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 5

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 6

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 7

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 8

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 9

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差…

  • 10

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 7

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 8

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 9

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

  • 10

    トランプ、ついにトヨタを標的に 「メキシコで製造…

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!