最新記事

シリーズ日本再発見

日本の映画館で『ワンピース』を英語・中国語字幕付きで上映する理由

2016年08月05日(金)11時28分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)
日本の映画館で『ワンピース』を英語・中国語字幕付きで上映する理由

© O/2016 OP

<日本語が分からない外国人に映画館で日本の映画を観てもらう――それが外国語字幕付き上映企画「YOKOSO! EIGAKAN!」の狙い。アニメ映画によるインバウンド重要の掘り起こしを目指す今までにない取り組みだ。特に家族連れの旅行客をターゲットにしているというが、その背景には、家族向けサービスが少ないという日本の"おもてなし"の弱点もあるようだ>

【シリーズ】日本再発見「日本のおもてなし施策最前線」

「留学生として日本で暮らしていますけど、映画館に来たのは今回が初めてです」

 そう目を輝かせながら話してくれたのは、若い中国人留学生の4人組だ。アニメ映画『ONE PIECE FILM GOLD』(東映配給)を見るため、新宿の大型シネコン「新宿バルト9」にやってきた。

 彼らを初めての映画鑑賞にいざなったのは、外国語字幕付き上映企画「YOKOSO! EIGAKAN!」だ。新宿以外にも品川、横浜、京都、大阪、福岡と、日本各地の6映画館で実施され(8月5日まで)、英語と中国語(簡体字)の字幕併記で日本語が分からない外国人に対応している。

 実際に映画館を取材したが、観客のほとんどが外国人だった。欧米、東南アジア、中国などさまざまな地域の人々が集まっているだけに、上映前の客席では英語や中国語などさまざまな言語が飛び交っていた。映画が始まっても、ガイコツ男「ブルック」の定番ギャグに客席全体が爆笑に包まれるなど、日本人とは違うノリの良さを感じる。まるで外国の映画館にやってきたかのようだ。

【参考記事】ワンピース、キャプ翼、テトリス、辞書まで映画化!? 中国第3のバブルの実態

「YOKOSO! EIGAKAN!」は、シネコン・チェーンを運営する東映グループのティ・ジョイが主催する企画だ。2015年5月の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(東映配給)からスタート。同年10月の『心が叫びたがってるんだ。』(アニプレックス配給)、翌年1月の『ガラスの花と壊す世界』(ポニーキャニオン配給)と日本のアニメ映画を外国語字幕付きで上映し、今回で第4弾となる。

 人口減少時代を迎えた日本において外国人需要をとりこむ狙いがあるが、それに加えてより大きな「志」があると、ティ・ジョイの担当者である影山美央さんは語る。「いわゆる"おもてなし"として、外国人に日本の文化を体験してもらうこと、そして家族連れの観光客が楽しめるサービスを提供することが狙いです」

映画館でのグッズ販売も日本ならではの体験

「爆買い」が新語・流行語大賞を受賞したのは2015年末だが、今年に入って早くも状況は変化している。訪日外国人数は2016年上半期に過去最高を記録するなど絶好調(前年同期比28.2%増の1171万4000人、日本政府観光局訪日外国人観光客統計2016年6月推計値より)。一方で、百貨店免税品販売額は今年4月にマイナス9.3%を記録、3年3カ月ぶりに前年実績を下回った。その後も低調に推移し、6月には前年同月比20.4%のマイナスにまで落ち込んでいる。

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 8

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!