最新記事

シリーズ日本再発見

日本の映画館で『ワンピース』を英語・中国語字幕付きで上映する理由

2016年08月05日(金)11時28分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

 なぜ観光客数が増えているのに、免税品の売り上げは下がっているのだろうか。円高の影響で宝飾品など高額商品の売り上げが落ちた影響も大きいが、ショッピングという「モノ消費」から、日本ならではの体験を味わいたいという「コト消費」への転換が背景にある。

【参考記事】「爆買い」なき中国ビジネスでいちばん大切なこと

「YOKOSO! EIGAKAN!」には映画体験を「コト消費」の一角に育てたいという思いがある。特に目を付けているのが家族連れの旅行客だ。日本のナイトライフは充実しているが、ファミリーで楽しめるサービスは少ない。「昼間に観光を楽しんだお客様が、夜は家族で映画を楽しむような形をイメージしています」と影山さん。外国語字幕付き上映は各映画館で1日2回程度実施されているが、夕方から夜にかけて時間設定をしているという。

 また、意外にも映画館でのグッズ販売は海外ではあまり見られず、日本ならではの体験だという。フィギュアやアクセサリーなどさまざまなグッズが販売されているが、珍しく感じるのか、ケースの前で記念撮影している外国人もいた。『ONE PIECE FILM GOLD』では、コミックスとトランプが来場者特典として限定無料配布されるほか、ティ・ジョイ系列の映画館では特典付きポップコーンも販売されている。日本でしか入手できないアイテムだけに、外国人ファンにとって大きな魅力だ。

 日本観光の魅力を高めようという志を「官」も積極的に後押ししている。支援に名を連ねるのは、国際交流基金と日本政府観光局。両組織はこれまでにも、映画祭やイベントでの情報提供など日本コンテンツの世界発信に取り組んできた。しかし「映画によるインバウンド需要の掘り起こしは初の試み。アニメによって若者需要の掘り起こしができれば、将来性が期待できる」(日本政府観光局・吉村卓也さん)、「映画を見た人がSNSで発信し、母国での日本コンテンツ浸透に口コミ効果が期待できる」(国際交流基金・松井優樹さん)と、「YOKOSO! EIGAKAN!」を高く評価。第2弾から協力を続けている。

 官だけではなく、他企業からも熱視線が注がれているという。今後はインバウンドを意識した企業との相互送客キャンペーンなどの連携も検討していきたいと、影山さんは語った。

japan160805-2c.jpg

『ONE PIECE FILM GOLD』上映のチラシ © O/2016 OP

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 7

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 10

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!