最新記事

シリーズ日本再発見

日本の映画館で『ワンピース』を英語・中国語字幕付きで上映する理由

2016年08月05日(金)11時28分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

 なぜ観光客数が増えているのに、免税品の売り上げは下がっているのだろうか。円高の影響で宝飾品など高額商品の売り上げが落ちた影響も大きいが、ショッピングという「モノ消費」から、日本ならではの体験を味わいたいという「コト消費」への転換が背景にある。

【参考記事】「爆買い」なき中国ビジネスでいちばん大切なこと

「YOKOSO! EIGAKAN!」には映画体験を「コト消費」の一角に育てたいという思いがある。特に目を付けているのが家族連れの旅行客だ。日本のナイトライフは充実しているが、ファミリーで楽しめるサービスは少ない。「昼間に観光を楽しんだお客様が、夜は家族で映画を楽しむような形をイメージしています」と影山さん。外国語字幕付き上映は各映画館で1日2回程度実施されているが、夕方から夜にかけて時間設定をしているという。

 また、意外にも映画館でのグッズ販売は海外ではあまり見られず、日本ならではの体験だという。フィギュアやアクセサリーなどさまざまなグッズが販売されているが、珍しく感じるのか、ケースの前で記念撮影している外国人もいた。『ONE PIECE FILM GOLD』では、コミックスとトランプが来場者特典として限定無料配布されるほか、ティ・ジョイ系列の映画館では特典付きポップコーンも販売されている。日本でしか入手できないアイテムだけに、外国人ファンにとって大きな魅力だ。

 日本観光の魅力を高めようという志を「官」も積極的に後押ししている。支援に名を連ねるのは、国際交流基金と日本政府観光局。両組織はこれまでにも、映画祭やイベントでの情報提供など日本コンテンツの世界発信に取り組んできた。しかし「映画によるインバウンド需要の掘り起こしは初の試み。アニメによって若者需要の掘り起こしができれば、将来性が期待できる」(日本政府観光局・吉村卓也さん)、「映画を見た人がSNSで発信し、母国での日本コンテンツ浸透に口コミ効果が期待できる」(国際交流基金・松井優樹さん)と、「YOKOSO! EIGAKAN!」を高く評価。第2弾から協力を続けている。

 官だけではなく、他企業からも熱視線が注がれているという。今後はインバウンドを意識した企業との相互送客キャンペーンなどの連携も検討していきたいと、影山さんは語った。

japan160805-2c.jpg

『ONE PIECE FILM GOLD』上映のチラシ © O/2016 OP

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 4

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 7

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 8

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 9

    トランプに代わってクリントンが大統領になる道はま…

  • 10

    ネズミ被害に悩むワシントンDC、ストリート仕込みの…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!