最新記事

シリーズ日本再発見

日本の映画館で『ワンピース』を英語・中国語字幕付きで上映する理由

2016年08月05日(金)11時28分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

 なぜ観光客数が増えているのに、免税品の売り上げは下がっているのだろうか。円高の影響で宝飾品など高額商品の売り上げが落ちた影響も大きいが、ショッピングという「モノ消費」から、日本ならではの体験を味わいたいという「コト消費」への転換が背景にある。

【参考記事】「爆買い」なき中国ビジネスでいちばん大切なこと

「YOKOSO! EIGAKAN!」には映画体験を「コト消費」の一角に育てたいという思いがある。特に目を付けているのが家族連れの旅行客だ。日本のナイトライフは充実しているが、ファミリーで楽しめるサービスは少ない。「昼間に観光を楽しんだお客様が、夜は家族で映画を楽しむような形をイメージしています」と影山さん。外国語字幕付き上映は各映画館で1日2回程度実施されているが、夕方から夜にかけて時間設定をしているという。

 また、意外にも映画館でのグッズ販売は海外ではあまり見られず、日本ならではの体験だという。フィギュアやアクセサリーなどさまざまなグッズが販売されているが、珍しく感じるのか、ケースの前で記念撮影している外国人もいた。『ONE PIECE FILM GOLD』では、コミックスとトランプが来場者特典として限定無料配布されるほか、ティ・ジョイ系列の映画館では特典付きポップコーンも販売されている。日本でしか入手できないアイテムだけに、外国人ファンにとって大きな魅力だ。

 日本観光の魅力を高めようという志を「官」も積極的に後押ししている。支援に名を連ねるのは、国際交流基金と日本政府観光局。両組織はこれまでにも、映画祭やイベントでの情報提供など日本コンテンツの世界発信に取り組んできた。しかし「映画によるインバウンド需要の掘り起こしは初の試み。アニメによって若者需要の掘り起こしができれば、将来性が期待できる」(日本政府観光局・吉村卓也さん)、「映画を見た人がSNSで発信し、母国での日本コンテンツ浸透に口コミ効果が期待できる」(国際交流基金・松井優樹さん)と、「YOKOSO! EIGAKAN!」を高く評価。第2弾から協力を続けている。

 官だけではなく、他企業からも熱視線が注がれているという。今後はインバウンドを意識した企業との相互送客キャンペーンなどの連携も検討していきたいと、影山さんは語った。

japan160805-2c.jpg

『ONE PIECE FILM GOLD』上映のチラシ © O/2016 OP

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 2

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 5

    米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者…

  • 6

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 7

    ベネズエラ、警察ヘリが最高裁と内務省を攻撃 大統…

  • 8

    地方学生が抱える奨学金ローンの破綻リスク

  • 9

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 10

    ゲーセンがVR(バーチャルリアリティー)で華麗に復活

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!