最新記事

シリーズ日本再発見

日本の映画館で『ワンピース』を英語・中国語字幕付きで上映する理由

2016年08月05日(金)11時28分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

上映をどうやって知ってもらうかが課題

 注目を集める「YOKOSO! EIGAKAN!」だが、課題も残る。最大の問題は宣伝、告知の難しさだ。今までになかったサービスだけに、どのような手段が有効的か手探りが続いている。

 これまでは国際交流基金や日本政府観光局の協力による海外事務所でのチラシ配布やSNSでの告知が中心だったが、今回は日本のホテルや訪日外国人アプリへの広告にチャレンジした。これが功を奏したのか、従来以上の外国人集客に成功したという。

 他にも映画館スタッフの外国語対応、外国語の看板作成など課題は山積みだ。しかしティ・ジョイ、国際交流基金、日本政府観光局の関係者は皆「継続していきたい」と口をそろえた。前例のないプロジェクトだけに困難は覚悟の上、取り組みを通じてノウハウを蓄積していきたいという意気込みを感じた。

「現在はイベント的な期間限定の開催ですが、将来的にはいつ日本にきても映画を楽しめるよう、通年での字幕上映を実現したい」と影山さん。またアニメだけではなく、実写映画、例えば海外でも人気のJホラーなどもラインナップに加えていきたいという。

 東京五輪までもう4年に迫っている。招致決定の際に流行語となった「おもてなし」だが、もはや口先ばかりのスローガンではなく、いかに着実に成果に結びつけるかの具体策が必要だ。官民一体で取り組む体制、ハードルにもひるまぬ心意気、そして映画館で楽しむ外国人観客の姿。「YOKOSO! EIGAKAN!」の取り組みには、日本の魅力をいかに高めるためのヒントが隠されている。


japan_banner500-2.jpg

japan_banner500.jpg

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 3

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 4

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    北朝鮮、亡命の兵士を追って軍事境界線を越境してい…

  • 7

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 8

    ジャーマンシェパード2頭に1頭が安楽死 見た目重視…

  • 9

    もう体に合わないことはない! ZOZO、採寸用ボディ…

  • 10

    NYは毒入りリンゴ? 子ども5400人が鉛中毒に

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    北朝鮮の金正恩指導部に亀裂? 最側近の軍司令官を処罰

  • 8

    東日本大震災の瓦礫に乗って、外来種がやって来た

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!