コラム

人口減少と減原発と紳助引退と

2011年08月25日(木)18時29分

 ニューズウィーク今週号の特集は、「先進国になれない中国」。中国の成長の限界を「人口減少」の観点から分析。これまであまり注目されてこなかった視点なので是非ご一読を!

 人口減少といえば、少子高齢化の道を進む日本も同じ。そしてこれもあまり語られていないが、この人口減少によって、数十年単位の長い目で見れば将来の電力消費量も減少すると見られている。つまり何もしなくても自然と節電になるわけ。とはいえ、脱原発を目指すなら、やはり「節電努力」は欠かせない。この夏の節電努力を「節電ブーム」で終わらせることなく、(無理のない範囲で)定着させていかないといけない。

 経済界からは「生産力が落ちる」「産業の空洞化が起きる」と反発の声があるが、この夏の15%節電で本当にどれだけの影響があったのか検証されるべきだろう。これまで使い放題だったところのムダを省いただけで、そこそこの節電はできたのでは? 狭い話になってしまうが、震災から3カ月もたたないうちに、会社の最寄り駅の近くに新しいコンビニがまた開店した。いま駅から会社までの道のりにコンビニが5軒。これって全部必要なのか? 家の近くのスーパーは去年あたりから24時間営業に切り替えた。午後9時以降は、「いらっしゃいませ、ありがとうございました」と反復するテープをず~っと流している。夜中は店員が少なくなるから、その代わりなんだろうけど、そんな過剰サービスいらない。ムダだ。

 脱原発といえば、政府の方針では脱原発ではなく、「脱原発依存」あるいは「減原発」というネーミングらしい。正直、どう違うのかよく分からない。どうやら「脱原発」というと「原発ゼロ」ありき、または原発を一気に止めてしまうと捉えられそうだから使いたくないらしい。だが「脱原発=すべての原発即時停止」ではないことぐらい、大半の国民が理解していると思うが。

 確かに「減原発」のほうが、少しでも原発存続のニュアンスを残せるのかもしれない。でも減原発とは原発を増やさないという方針。というか、福島第一の事故後の日本で原発の新増設は見込めないだろう。そして、そのうち寿命を迎えた原発は次々に停止し、最後にはゼロになる=脱原発。原発からの脱却は現実なのではないか。

 いや、もしかしたら「減原発」と呼ぶことで、もっと大きな可能性を残そうとしているのかもしれない。例えば、原発立地自治体への交付金の増額で、まだ新増設を狙っているとか? 核のゴミが増えてもモンゴルに押し付ける算段だから大丈夫とか? 

 いずれにしても、民主党代表選の候補者たちからエネルギー政策は聞こえてこない。聞こえてきたとしても党内や産業界もろもろを意識して玉虫色に逃げているようにみえる。

 さて民主党代表選といえば、もともと盛り上がりに欠けていたが、島田紳助引退のニュースで、さらに吹っ飛んだ感がある。暴力団との交際の親密度がどれぐらいだったのかは分からない。ただテレビの中だけの紳助を語るなら、やはり大きな存在だった。

 自身の冠番組にはなるべく若手芸人(年齢的にはもう中堅どころだが)を出してイジり、若手それぞれの良さを引き出してあげていたと思う。結局、最後には紳助がおいしいところを持っていくことも多々あったが、彼のアシストがなかったら一発屋で終わっていた芸人は少なくないだろう。

 『M-1グランプリ』も良かった。第1回の優勝者、中川家。第2回、ますだおかだ。上方の正統派漫才師の実力を東京(全国)に見せてくれた。第7回大会、サンドウィッチマンの敗者復活劇もドラマだった(個人的に2本目のネタはトータルテンポスのほうが飛ばしてたと思うが)。 『爆笑レッドカーペット』など持ち時間の短い一発芸的なネタ見せ番組が流行っていたなか、漫才の面白さを改めて教えてくれたと思う。

 たしか一昨年の『FNS27時間テレビ』。深夜のコーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」に紳助が出ていたのを覚えている。1時間ぐらいだっただろうか。さんまと紳助の絶妙トークに、涙が出るほど笑わせてもらった。しゃべりの内容は、しょうもない話。まだ2人が売れなかった頃、一緒に営業に行ったときの話とか、2人が同じ女と付き合ってたことがあるとか。コーナーそっちのけで、しょうもない話なんだが、さんまと紳助の話術とテンポ、間(ま)と掛け合いだけで十分。正直、ときどき合いの手を入れる中居クンが邪魔だった。ちなみにこれ、27時間テレビだからもちろん生。編集で面白いところだけつないだわけではない。

 もう1回ぐらい、さんま・紳助の共演が見たかった。

──編集部・中村美鈴

このブログの他の記事も読む


プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独消費者信頼感指数、5月は3カ月連続改善 所得見通

ワールド

バイデン大統領、マイクロンへの補助金発表へ 最大6

ワールド

米国務長官、上海市トップと会談 「公平な競争の場を

ビジネス

英バークレイズ、第1四半期は12%減益 トレーディ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 9

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 10

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story