ニューズウィーク日本版別冊のお知らせ

原発はいらない
世界に衝撃を与えた、技術先進国の日本で起きた福島第一原発の事故。
未曾有の原発災害に見舞われた日本は、これから原子力と
どう付き合っていくのか、エネルギー政策はどこへ向かうのか。
脱原発とエネルギーの未来...電力の分離と自由化とは?

  • 発売日 2011年6月22日
  • A4変型判
  • 定価600円(税込)
雑誌をAmazonで購入  

フクシマ後の世界

《THE NEW ENERGY ERA エネルギー新時代》
フクシマ後に吹き荒れる脱原発の嵐
エネルギー 福島第一原発の事故は世界と未来に何をもたらすのか
エネルギー革命に揺れる原子力の未来
電源ミックス 原発事故を目の当たりにした各国が向かうそれぞれのベストミックス
原発推進 それでも日本には原発が必要だ(諸葛宗男・東京大特任教授)
脱原発 今こそ原子力から脱却を(飯田哲也・環境エネルギー政策研究所長)
米外交 譲れないオバマの既定路線(冷泉彰彦・在米ジャーナリスト)
Picture Power チェルノブイリが生んだ楽園
解説 再生可能エネルギー...ここが長所、ここが短所

《THE FUKUSHIMA SHOCK フクシマの衝撃》
原発 想定されていた「フクシマ」の暴走
事故 「原発なき日本」その現実味
消費者 日本を惑わす基準値パニック
現地ルポ 「フクシマ」差別が始まった
原子力 原発国有化で悲劇は防げるか
日本 原発の安全を蝕む秘密主義汚染
Picture Power 地熱という自然の力を味方にして
ヨーロッパ 原発という名の時限爆弾
ウクライナ チェルノブイリ、25年目の教訓

《THE FUTURE OF ELECTRIC POWER 電力の未来》
電力自由化は「支配構造」解消から
提言 地域独占を廃止しなければ自由化への道は開けない(池田信夫・経済学者)
電力 「東電解体」論に見る菅政権の場当たり度
アメリカ 史上最大級の停電の舞台裏
ドキュメント 「眠らない街」が眠った日
教育 子供は未来の省エネ大使
電力危機 悪夢のカリフォルニア
分析 危機を招いたエネルギー幻想

Perspectives 世界はフクシマをどう見たか
ページトップへ

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

政権崩壊の序章」予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 5

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 6

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 7

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 8

    今度の性被害者は男性モデル!ヴォーグ誌が著名写真…

  • 9

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 10

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 6

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 7

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 8

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 9

    犬のうんちで方角が分かる? 犬は南北に体を向けて…

  • 10

    子供の運動能力から超常現象好きまで 指の長さで分…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!