Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.8. 1号(7/25発売)

特集:「イスラム国」の子供たち

2017年8月 1日号(7/25発売)

Cover Story

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

テロ ISISチルドレンが攻めてくる
東南アジア アジアにイスラム国が生まれる日
展望 アルカイダとISISの近くて遠過ぎる関係

トランプ、半年間の意外な評価

米政治 メディアと国際世論を敵に回しても再選確率を高めた理由は
■人事 ホワイトハウスに来た究極のミニ・トランプ
【PERISCOPE】
InternationaList
CHINA 中国の大量ゴミ輸入がついにストップ
THAILAND タイ人身売買の解決は遠い
UKRAINE 親ロ派国家樹立はロシアも寝耳に水?
INDONESIA 南シナ海領有権争いにインドネシアが
YEMEN サウジの空爆がイエメンの子供を殺す
SYRIA 迷走するトランプの対シリア外交
KAZAKHSTAN 旧ソ連圏でロシア文字衰退の理由
HUNGARY 水を舞台に美と技を競う
Asia
ECONOMY 供給過剰でも中国の鉄鋼「爆生産」
CHINA 快進撃を続ける自転車シェア
U.S. Affairs
トランプブランドは「非アメリカ製」ばかり
クシュナーはなぜ嫌われる?
「第2ラウンド」でも負けたヒラリーの不人気ぶり
Business
仮想通貨の未来を占うビットコイン分裂騒動
People
マドンナの下着と手紙の競売停止、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
中国政治 貴州コネクションに注目せよ
過激派 神の党ヒズボラの明と暗
少数民族 焼身しか策がないチベット人の悲劇
ロシア プーチンのおかげで高まるスターリン人気
テクノロジー ビットコイン大国を志すスイス
宇宙開発 月移住を目指す中国の壮大な実験
食品 「濃い」新種バナナで子供の命を救え
【LIFE/STYLE】
Art さあ、愛犬と一緒にアート鑑賞へ!
Kids 高齢パパの息子はオタクになる?
Food コーヒーの好みから分かるおすすめワイン
Movies マイルズ・テラーがオスカー級の名演
Movies 「アメリカの原罪」を問う極上ホラー
Television カメレオン女優は全てが規格外
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire クリスティー知事のビーチゲート問題
Picture Power 飢えゆく南スーダン

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 4

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 7

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 8

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 9

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 10

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!