コラム

ガザ攻撃めぐり、欧米で「親イスラエルvs親パレスチナ」の対立激化...EUは難民危機の再来に戦々恐々

2023年10月17日(火)19時49分
ダブリンでの親パレスチナ派のデモ

アイルランドのダブリンで行われた親パレスチナ派のデモ(10月14日) Clodagh Kilcoyne-Reuters

<米大学ではイスラエル人学生が襲撃されたとみられる事件も。パレスチナとイスラエル、どちらを擁護するかで西側の反応が分裂している>

[ロンドン発]パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム武装組織ハマスの奇襲で火を吹いたイスラエル・ハマス戦争の死者は17日時点でイスラエル側1400人以上、ガザ空爆で2700人近くにのぼっている。199人を人質に取られた上、焼き討ち、斬首、射殺、レイプなど残酷な被害を受けたイスラエルは自衛権を主張するが、西側の反応は分裂している。

イスラエルがガザから撤退したのは2005年末。06年のパレスチナ立法評議会選挙でハマスがパレスチナ解放機構(PLO)主流派ファタハに圧勝。両派は連立政権を樹立し、ハマス指導者イスマイル・ハニヤが首相に就任した。しかしガザでハマスとファタハの衝突は激化し07年ハマスがガザを、ファタハ主導の緊急内閣がヨルダン川西岸地区を掌握した。

国連総会決議を受けイスラエルは先の大戦後の1948年建国を宣言したが、今もイラン、パレスチナのハマスやイスラム聖戦、レバノンのイスラム教シーア派武装組織ヒズボラはイスラエルの生存権を認めていない。「イスラエル破壊とイスラム国家樹立を目標に掲げる」(英BBC放送)ハマスの攻撃と、イスラエルの報復は何度かの停戦を経て繰り返されてきた。

イスラエルの安全保障はガザ封鎖と空爆、鉄壁のはずだった防空システム「アイアン・ドーム」を軸に成り立ってきたが、今回、ハマスの大規模な陸海空統合作戦で完全に破綻した。空爆やイスラエルのガザ侵攻はハマスを徹底的に叩くため容赦のないものになり、一般市民の巻き添え被害拡大が懸念される。

ハマスはガザで戦闘訓練を実施

米英、欧州連合(EU)はハマスをテロ組織とみなす。英国政府は「イスラエルを標的にする無差別ロケット弾、迫撃砲攻撃、襲撃が行われている。21年5月には4000発以上のロケット弾がイスラエルに向け無差別に発射され、子ども2人を含む民間人が死亡した。ハマスはガザのサマーキャンプで未成年者を含むグループの戦闘訓練を行っている」と指摘する。

英国のリシ・スナク首相は14日、「英国はテロに対して常に同盟国とともに立ち向かう。イスラエルの罪なき犠牲者に対するハマスのテロ攻撃を受け、地域の安定を強化し、さらなるエスカレートを防ぎ、人道的努力を支援するために、世界クラスのわが国の軍隊を派遣した」とX(旧ツイッター)に投稿した。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:「もしトラ」に焦る米移民希望者、つけ込む

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、「小澤先生が教えてくれたこと」

  • 4

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 5

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 9

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 10

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 9

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 10

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 10

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story