コラム

大阪・関西万博に、巨大な「怪物」が上陸予定? 英国で大人気「シー・モンスター」とは

2022年10月29日(土)12時53分
シー・モンスター

総重量700トンの「シー・モンスター」(筆者撮影)

<総重量700トン、高さ35メートル、4階建ての怪物の正体は、かつて実際に稼働していた北海油田の海洋掘削装置。2025年万博での展示を協議中だという>

[ロンドン発]役目を終えた北海油田の海洋掘削装置(リグ)が英国最大級のパブリック・アート・インストレーション「シー・モンスター(怪物を見よう)」に生まれ変わり、英イングランド南西部の旧海岸リゾート、ウェストン=スーパー=メアで一般公開され、人気を呼んでいる。炭素経済を支えてきた産業構造物の再利用、再生可能エネルギーについて考えるきっかけにするのが狙い。

221029kmr_esm02.jpg

下から見上げたシー・モンスター。産業構造物の名残を感じさせる(筆者撮影)

プロジェクトを手掛けた英クリエイティブ・スタジオ「ニューサブスタンス」創業者パトリック・オマホニー氏は「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)大阪万博で展示できるよう協議している」と明かす。シー・モンスターのメディアツアーに参加した筆者は、夢洲にシー・モンスターが登場すれば、そのインパクトは大きいと肌で感じた。

221029kmr_esm03.jpg

落差10メートルの人口滝(筆者撮影)

もともとの重さは450トン、すべてのインストレーションを合わせた総重量は700トン。高さ35メートル、広さはサッカーのピッチと同じだ。しかし大きなリグになると2万8000トンもあり、シー・モンスターとは言っても「リグとしては小さい」(オマホニー氏)。4階建てのシー・モンスターに設置された太陽光パネルは1日4080ワットを発電する。落差10メートルの人口滝からは1時間当たり2700立法メートルの水が流れ落ちる。

221029kmr_esm04.jpg

大きな輪からは霧が噴き出していた(筆者撮影)

天井に設置された大きな輪のスプリンクラーから霧が噴き出し、チューブ状の滑り台で上階から下階へ移動できる。海底油田開発に使われるリグは空中に浮かぶ森に生まれ変わり、怖さと遊び心が入り混じった雲の中に迷い込んだような錯覚を引き起こす。

221029kmr_esm05.jpg

シー・モンスターの屋上に作られた空中庭園(筆者撮影)

高い所が苦手な筆者は濡れた階段で滑って転ばないようしっかり手すりを握りしめた。子供たちは喜々として、はしゃいでいる。よちよち歩きの筆者はプロジェクトのスタッフから「下を見ないで上を見て。頑張って」と励まされたが、両足が余計に緊張した。

「日本の子供たちもシー・モンスターの経験を共有して」

中等学校2年オリビア・ジューレイクさん(12)は「シー・モンスターは芸術作品のようであり、自然の地球の船のようでもあり、とても素晴らしい。私は気候変動のコースを変えたい。地球が可能な限り持続することが大切だ。このままでは私たちの子供の子供は私たちと同じように地球の恵みを受けることができない。シー・モンスターを通じて日本の子供たちにもそのことを感じてもらえたら」と話す。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

LSEG、第1四半期契約の伸び鈍化も安定予想 MS

ビジネス

独消費者信頼感指数、5月は3カ月連続改善 所得見通

ワールド

バイデン大統領、マイクロンへの補助金発表へ 最大6

ワールド

米国務長官、上海市トップと会談 「公平な競争の場を
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 9

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 10

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story