コラム

震災と英メディアに翻弄された友人

2011年03月23日(水)16時03分

 イギリス時間3月11日の朝、僕は長い付き合いの友人、マークから携帯メールを受け取った。日本で地震があったという。

 その後の数日は、僕にとっては奇妙な日々が続いた。かつて僕がさまざまに報道してきた日本という国が、突如として世界中のメディアの注目を一身に集めている。マークにとっても奇妙な感覚だったろう。自身がそのニュースに巻き込まれているのだから。

 マークは僕よりも後に日本にやって来て、東京で数年教師として働き、宮城県出身の女性と結婚した。そして今、震災によって彼の義母と義兄弟が行方不明になっている。現在はイギリスで暮らすマーク夫妻は、彼らの消息を必至になって探していた。

 マークはイギリス外務省に連絡したが、彼の義母らはイギリス人ではないということで、在英日本大使館に問い合わせるようにと言われた。日本大使館は、イギリス外務省に尋ねるようにと言ってきた。

 マークの妻は家族を行方不明者リストに載せ、ツイッターや日本のウェブサイト上で彼らを捜し回った。読売新聞のサイトのリンク先に、さまざまな避難所の避難者名簿を写した画像が載ったサイトがあった。僕たちはマークの妻のおばといとこの名前を見つけ出したが、母親は見つからなかった。

 僕は東京にいる知り合いの記者数人にメールをしてみた。彼らの中には宮城にいるか宮城に向かっている人がいるかもしれないと思ったからだ。感動的なヒューマンストーリーになるかもしれないぞ、と言ってやった。「イギリス人の子の行方不明になっていたおばあちゃんを私が見つけました」という具合だ。

■義母を捜すためBBCに出演

 3日目の朝、マークの義母の住む石巻市の様子が2回、イギリスのテレビに映し出された。僕が衛星放送のスカイチャンネルで見たニュースの方は、不安をかき立てるものだった。救助隊が一軒一軒回り、遺体を発見していると記者は伝えていた。

 幸い、マークが見たもう1つの方は、BBCが義母の家の近所を映したもので、もう少し慎重な報道をしていた。

 マークはロンドンのBBCに連絡することに決めた。記者が義母の家の周辺に近づけるかもしれないと期待してのことだ。彼が状況を話すと、BBCは2つのラジオ番組に出演してくれないかとマークに頼んだ。マークはシャイなタイプだが、義母を捜すための手段だと割り切って決断した。

 マークがラジオで話すのを聞くのは、不思議な感じだった。突然、マークが震災の当事者であり日本の専門家であるように取り上げられたからだ。

 彼は日本人について、日本人の地震に対する考え方について、あらゆることを質問された。なぜ彼らは地震の危険性のある土地に住んでいるのか? 彼らはこれまで不安を感じていなかったのか?

 今回の地震の犠牲者は日本人が大多数だが、それでも実際に巻き込まれたイギリス人がこうして話すことで、人々はわがことのように実感できるようになるみたいだ。

 マークは多少緊張した様子ではあるが、現状をうまく説明していた。そして、自分は大地震によって被害を受けた数百万人のうちの1人に過ぎないのだと、しっかり主張することも忘れなかった。

 結局、ロンドンのBBCは日本にいる記者たちにマークの義母について確認するよう言ったことは言ったが、すぐに記者たちは他の地域へ移動してしまった。マークがメールを送った他のメディアの記者は皆、手を貸せるような状態ではなかった。返事をくれて状況を説明する(忙しすぎて無理、ガソリン不足で動けない、違う地域にいる、など......)記者はまだましだった。

■地震のニュースはトップから転落

 16日、電話が鳴ってついにいい知らせが舞い込んだ。義母の家の1階は津波で被害を受けたものの、義母と義兄弟は無事に生きていたというのだ。

 礼儀上、マークは義母の捜索を頼んでいた記者たちにメールを送った。万が一彼らが探し続けて時間を無駄にするようなことがあっては大変だと思ったからだ。

 すると奇妙なことに、BBCはひどく熱心にマークに対して再度インタビューを申し込んできた。今度はラジオ番組に4度、テレビ番組に1度出てほしいというのだ。地震から数日たち、この段階になると、そろそろ「明るいニュース」がほしくてたまらなかったようだ。「ニュースのサイクル」上ではよくある話だ。

 マークは乗り気ではなかっただろうが、彼は(ある意味)日本関連のコメンテーターと化していたことだし、これを機に訴えておくのも悪くないと決断した。被災地はいまだに食料や水、燃料が不足した深刻な状態で、今後も大規模な救援活動と復興活動が必要だ、と。

 結局マークのインタビューは、テレビ番組の方はキャンセルになり、ラジオ番組の1つも大幅にカットされた。そうこうしているうちに国連がリビア上空に飛行禁止空域を設定したことがトップニュースになり、日本のニュースは上位から滑り落ちたのだ。

 マークは実際テレビに出たいとは思っていなかっただろうが、それでもニュースが瞬く間に忘れ去られていくさまを目にするのは残酷な経験だったと思う。悲しい現実だが、大きな進展でもない限り、どんなに甚大な災害であってもメディアの注目は1週間程度しか続かない。

 だが少なくとも、マーク個人にとっては「明るいニュース」があったことは確かだ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『新「ニッポン社会」入門――英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『「ニッポン社会」入門』(NHK生活人新書)、『「イギリス社会」入門』(NHK出版新書)など。
アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp >さらに読む

ニュース速報

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソ

MAGAZINE

特集:プーチンの世界戦略

2016-9・27号(9/21発売)

シリア内戦からアメリカ大統領選まで世界を翻弄する「最強の独裁者」の世界観

人気ランキング

  • 1

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 2

    米大統領選のテレビ討論会、過去最高の1億人が視聴か

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    トランプ当選の可能性はもうゼロではない

  • 6

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 7

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 8

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 9

    Jリーグ、そして東京オリンピックで活躍が期待される「スマートスタジアム」とは

  • 10

    AIに奪われない天職の見つけ方 「本当の仕事 自分に嘘をつかない生き方、働き方」(榎本英剛著)

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    若者がクルマを買わなくなった原因は、ライフスタイルの変化より断然「お金」

  • 8

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場