ニュース速報

ワールド

再送-イスラム国戦闘員に終身刑、シリアで米国人殺害 米連邦地裁

2022年08月20日(土)04時03分

米バージニア州の連邦裁地裁は19日、シリアで米国人の殺害に関与したとして有罪評決を受けていた過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘員、シャフィ・シェイク被告(33)に仮釈放なしの終身刑を言い渡した。(2022年 ロイター/Sarah Silbiger)

(見出しと第1段落の余分な文字を削除して再送します)

[アレクサンドリア(米バージニア州) 19日 ロイター] - 米バージニア州の連邦地裁は19日、シリアで米国人の殺害に関与したとして有罪評決を受けていた過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘員、シャフィ・シェイク被告(33)に仮釈放なしの終身刑を言い渡した。

陪審員は4月、シェイク被告が米国人人質を斬首刑にしたイスラム国の一員だったと結論付けていた。シェイク被告はジェームズ・フォーリーさん、スティーブン・ソトロフさん、ピーター・カッシグさん、カイラ・ミューラーさんら4人の米国人人質の殺害を共謀したとされる。4人は2014年から15年初めにかけて死亡が確認された。

シェイク被告はスーダンで生まれ、英国育ち。英国籍は18年に取り消された。米国で死刑判決が下される可能性もあったが、米検察当局は英当局に対し死刑は求刑しないと伝えていた。

共犯として起訴されたアレクサンダ・コテイ被告には、今年に入り終身刑が言い渡されている。コテイ被告は昨年9月、4人の米国人の殺害に関与した罪を認めた。

両被告は共に「ビートルズ」と呼ばれた英国出身のイスラム国の戦闘員グループに属していた。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング