ニュース速報

ワールド

ブレグジットばねにEU結束を、欧州委員長が呼び掛け

2017年09月14日(木)01時14分

 9月13日、欧州委員会のユンケル委員長(写真)は欧州議会での施政方針演説で、欧州連合(EU)の各国政府は英国のEU離脱(ブレグジット)と景気回復を活かし、世界貿易の中心的存在として結束するよう呼びかけた(2017年 ロイター/Christian Hartmann)

[ストラスブール 13日 ロイター] - 欧州委員会のユンケル委員長は13日、欧州議会での施政方針演説で、欧州連合(EU)の各国政府は英国のEU離脱(ブレグジット)と景気回復を活かし、世界貿易の中心的存在として結束するよう呼び掛けた。

ギリシャの債務問題や難民流入、ユーロ懐疑派の台頭といった一連の危機緩和や経済成長に触れ、「欧州に流れが戻った。絶好の機会が訪れているが、永遠に続くことはない」と指摘した。

「ブレグジットがすべてでなく、欧州の未来でもないのだから、前進し続けよう」と述べ、英国のEU離脱決定をプラスに変える必要性を強調した。

すべての加盟国にユーロ圏や他のEU機関参加を呼び掛けた。「ユーロ圏で大陸内の分離より統合を望むなら、(ユーロは)一部の国で構成するグループ通貨以上の存在であるべきだ。ユーロはEU全体の単一通貨となる運命だ」と述べた。

英国がEUを離脱すれば、ユーロ圏非加盟国は8カ国となり、EUの域内総生産(GDP)に占める割合は15%にとどまるとされる。ユンケル氏は、EUとユーロ圏の政策は一体的に運営するのが自然との認識を示す。

フランスが主導するユーロ圏予算や財務相、議会構想には反対の立場を示した。

演説を受けブレグジット推進派らは、EUが強権化、中央集権化を進めようとしているとして、離脱は正しい判断だったと語った。

ユンケル氏はこのほか、中南米諸国との貿易協定締結に意欲を示すとともに、インフラやハイテク製造業、エネルギー分野における中国勢の欧州企業買収を制限することを提案した。

米国との自由貿易協定(FTA)の交渉加速も呼びかけた。

EUは7月に日本と経済連携協定(EPA)交渉で大枠合意しており、オーストラリア、ニュージーランドとの貿易交渉にも前向き。

メキシコおよび南米4カ国の関税同盟メルコスルとは、年内のFTA締結を目指している。

中国企業による域内企業の買収については、投資審査の枠組み構築を提案。戦略的利益を守る意思を示した。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

独VW、17年のグル―プ販売台数は4.3%増 トヨ

ビジネス

インタビュー:単独で買収できないM&A案件、難易度

ビジネス

M&A、ビジネスに適合・リターン見込めるなら積極的

ビジネス

トヨタ「自社基準満たす」と最終確認、神鋼製品使った

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 2

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20年で肉声公開へ

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 8

    金正恩は「いいやつ」「小柄で太めなのにバスケが上…

  • 9

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 10

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 10

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!