コラム

『中共壮大之謎』(中国共産党が強大化した謎)――歴史を捏造しているのは誰か?

2016年09月12日(月)16時00分

謝幼田氏の拙著『毛沢東 日本軍と共謀した男』に対する評価

 筆者は拙著『毛沢東 日本軍と共謀した男』の執筆に入る前に謝幼田氏とお会いした。掘り起こした史実があまりに一致しているので、共著の形を取りたいと申し込むためだ。

 ところが謝幼田氏は共著を強く拒絶なさり、「自分がこれまで発掘できなかった日本側の資料を独自に発掘してくれて、自分がその資料なしに展開してきた論理が正しかったことを裏付けてくれるのなら、こんなに嬉しいことはない。むしろ独立に出版してくれることに価値がある」と言ってくれた。そして最後に、

「抗日戦争中の中国共産党の真相を研究している者たちに、あなたが発掘してくれた日本側証拠が、どれほど大きな勇気を与えてくれるか、その価値は計り知れない。心ある研究者はみな、あなたに感謝するだろう」

 と激励してくれたのである。

 9月20日にアメリカのワシントンDCにおけるNational Press Club(国家記者クラブ)で筆者の講演のコメントをして下さる辛こう年(Xin Haonian)氏も同様の激励を贈ってくれた。

 中国政府高官でさえ「誰かがいつかは書かなければならなかった真相だ」と筆者を元気づけてくれたほどである。それはおそらく、8月31日付の本コラム「人民が党の真相を知ったら、政府を転覆させるだろう――1979年、胡耀邦元総書記」に書いた事実を知っているからだろう。上層部は実は筆者と共通する、これら一連の真相を知っているものと推測される。

 ノーベル平和賞を受賞して投獄されている劉暁波氏も、日中戦争中の毛沢東と中共軍の動きに関して謝幼田氏や筆者と同じことを言っている。そのことは2015年12月3日の本コラム<ノーベル平和賞の劉暁波氏が書いた「中共による抗日戦争史の偽造」>で明らかにした通りだ。

在日中国人学者の拙著に対する酷評

 それに対して、9月8日にBSフジ・プライムニュースで特集された「毛沢東と現代中国の"闇"」に出演した在日中国人学者の、拙著に対する攻撃は尋常ではなかった(前半は穏やかだったのだが、後半部分から)。それは中国政府が「立場」として反論してくるであろう内容とほぼ一致しており、拙著の価値を必死で否定する個人攻撃までしてくる姿勢には驚いた。

プロフィール

遠藤誉

中国共産党の虚構を暴く近著『毛沢東 日本軍と共謀した男』(新潮新書)がアメリカで認められ、ワシントンDCのナショナル・プレス・クラブに招聘され講演を行う。
1941年中国生まれ。中国革命戦を経験し1953年に日本帰国。東京福祉大学国際交流センター長、筑波大学名誉教授、理学博士。中国社会科学院社会科学研究所客員研究員・教授などを歴任。『チャイナ・セブン <紅い皇帝>習近平』『チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たち』『ネット大国中国 言論をめぐる攻防』『チャイナ・ジャッジ 毛沢東になれなかった男』『完全解読 中国外交戦略の狙い』『中国人が選んだワースト中国人番付 やはり紅い中国は腐敗で滅ぶ』『中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす』など著書多数。

ニュース速報

ワールド

スイス中銀がマイナス金利据え置き、フランは「過大評

ビジネス

ECBが金利据え置き、超緩和姿勢維持

ビジネス

エールフランスKLM、18年夏に日欧路線を増便へ

ビジネス

税制改正、与党大綱を決定 デフレ脱却へ企業投資後押

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 10

    苦しまない安楽死マシンなら死を選びますか?

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!