最新記事

韓国

日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

2019年11月15日(金)19時40分
崔 碩栄(ジャーナリスト)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

韓国は厳しい受験競争で有名だが(写真は本文と関係ありません) Kim Hong-Ji-REUTERS

<韓国が科学分野で良い成績を得られない原因についてさまざまな分析が行われてきたが、根本的な原因は教育ではないか。1980年代にソウルで中学、高校に通った経験を振り返ると「仕方ない」と思えてしまう>

また日本からノーベル賞受賞者が誕生した。リチウムイオン電池の開発に貢献した旭化成名誉フェローの吉野彰氏ら3人がノーベル化学賞を受賞。吉野氏は、昨年受賞した京都大学特別教授の本庶佑氏に続いて27人目の日本人受賞者となった。近年、ノーベル賞の花形ともいわれる科学分野での日本人の受賞が相次ぎ、もはや「年中行事」になってしまったようにすら思われる。日本でも初受賞の時は国中が熱狂していただろうに、今や「今年は彼か」という少し落ち着いたお祝いモードではないかと思う。

しかし、毎年同じ時期に日本人受賞のニュースを見ている韓国の気持ちは複雑だ。どの国よりも日本をライバル、敵、競争者として強い対抗意識を燃やしてきた韓国だ。BTS(防弾少年団)に代表される韓国文化の流行、そしてスポーツの日韓戦での勝利などで覚えた「勝利の快感」は、ノーベル賞の季節になればあまりにも無力に消えてしまうからだ。その脱力感、嫉妬の気持ちは韓国マスコミ自ら「ノーベル賞(欲しい)病」(中央日報2019年10月4日)、「ノーベル賞コンプレックス」(韓国経済18年10月10日)と呼ぶほどだ。

韓国が科学分野で良い成績を得られない原因について、これまでいろいろな分析が行われてきた。韓国内でその原因としてよく挙げられるのは(1)基礎科学への無関心(2)民・官の支援不足と研究環境の不備(3)過程より結果だけを重視する雰囲気――などがある。どれもうなずける耳の痛い話だ。しかし、私の経験から考えるに根本的な原因は「教育」にあるように思う。

私は1980年代、ソウルで中学、高校に通った。今振り返ってみると、学生時代に受けた教育はノーベル賞とはあまりに縁遠い気がしてならない。あのような教育を受けたら仕方ないと思うからだ。まず、理科の授業。私は中学1年から高校を卒業するまで、一度も理科学機材に触れたことがない。教科書にはアルコールランプ、試験管、顕微鏡などいろいろな機材が登場したが、全て紙面の上での「イメージトレーニング」にとどまっていた。使い方も含めた化学実験の方法などは「体験」ではなく全て「文字」としてだけ頭の中に蓄積されたのだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米中、「第2段階」通商合意に向け近く交渉開始=米財

ワールド

レバノンでゴーン被告裁判も、日本と40日以内に合意

ワールド

米国で新型肺炎2人目の感染確認、観察対象は63人

ビジネス

ECB当局者2人、2%の物価目標設定を提言 

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 5

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 6

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 7

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 8

    「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    香港からサイパンに向かっていた日本人女性が、空港…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 6

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 7

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 10

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月